取材・出演
お受けしたテレビ・雑誌・新聞等の取材、トークショーや講演などの出演、さまざまな方々との対談、一般の方々との聖地巡礼やネットを通じての交流などをご紹介します。

対談・トークショー・講演[2013]

6/17 上祐史浩・対談新著『終わらないオウム』発売報告ライブレポート

 

6月17日の夜、新宿ロフトプラスワンで、のトークイベント、無事終わりました。
おかげさまで、満員の100人近くお越しいただきました。

ゲストには、『終わらないオウム』の共著者、鈴木邦男氏(一水会最高顧問)、そして本書にて初の顔合わせ&鼎談を果たした"村井刺殺事件"の徐裕行氏です。


本書の中で、「当時は最も殺したかったのは上祐さん」と告白した徐氏ですから、史上初の、殺そうとした者(徐氏)と、殺されようとした者(上祐氏)対談の実現でした。


まず、サプライズの飛び入りゲストは、なんと有田芳生さんでした。
お仕事でお忙しい合間を縫ってご登壇くださり、最近の在特会の状況などの話となりました。

 

鈴木邦男さんが、「よく、徐さんと対談する気になりましたね」という話をされ、その心境の変化について上祐は詳しく語っておりました。


有田さんがお仕事に戻られた後は、休憩をはさんで第2部は、徐氏との3人の対談になりました。

徐氏の村井事件にからむ色々な事実や心情なども語られ、共著『終わらないオウム』のタイトルそのものの対談でした。

 

観客の方も、固唾をのんで見入っていらっしゃいました。


途中、新宿ロフト創始者の平野悠さんが、サプライズのご発言。

対談は面白かったとのこと。

平野さんは、以前、2010年に、ひかりの輪の日光の聖地巡礼に、泊まりがけで参加取材をなさったことがあるのですが、そのときの上祐の話が、とても普通の道徳のような話で、突飛なことがなくて、驚いたとのこと。

平野さんがそう聞くと、上祐は「普通でいい」と答えていたそうで、平野さんはそれ以降、上祐やひかりの輪を見守ってこられた結果、
「なかなかイケてるんじゃない!」とおっしゃり、会場は一気に盛り上がりました。

イベントは23時に終わり、そのあとも残った方々とお話しさせていただいて、おかげさまで、本もたくさんご購入いただきまして、在庫全部なくなりました。
すでに『終わらないオウム』は書店で品薄だということです。

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

いつもながら、ロフトの皆さまには大変お世話になりました。

<<< 前へ【6/17(月)上祐代表の新著発売報告イベントが新宿ロフトプラスワンで開催されます】

次へ【8/8発売の『週刊実話』に、上祐史浩のインタビュー記事が掲載】 >>>

  • 著作

  • 取材・出演

  • 取材・インタビュー[2014]

  • 対談・トークショー・講演[2014]

  • 対談・トークショー・講演[2013]

  • 取材・インタビュー[2013]

  • 対談・ト-クショ-・講演[2012]

  • 対談・ト-クショ-・講演[2011]

  • 対談・ト-クショ-・講演[2010]

  • 取材・インタビュー

  • 一般の方との懇親会・聖地巡礼

  • 取材・インタビュー一覧(2013)

    一般の方のために
    『危険な宗教の見分け方』

    ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

    ひかりの輪YouTube
    ■上祐史浩の著作
    オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
    ■スタッフの著作
    二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
    ポータルサイト
    ■ひかりの輪 ネット教室
    ■教材ネットショップ
    アレフ問題
    アレフの問題脱会の相談はこちらへ
    外部監査委員会
    地域のみなさまへ