取材・出演
お受けしたテレビ・雑誌・新聞等の取材、トークショーや講演などの出演、さまざまな方々との対談、一般の方々との聖地巡礼やネットを通じての交流などをご紹介します。

著作

11月6日、田原総一郎氏×上祐史浩『危険な宗教の見分け方』発売されます。

  
 
 
 ●内容のご紹介
 
 
なぜ、信じるのか--?  
なぜ脱却するのに7年半かかったのか?  
有名大学出身のエリートたちは、なぜカルト教団にのめり込んでいったのか。
なぜ予言が外れ、真実が明らかになったあとも妄信し続けたのか。  
ジャーナリストの田原総一朗氏が、
元オウム真理教のスポークスマン・上祐史浩氏の、
今まで語られなかった"本心"に迫る対談。  

上祐さんのお話は、
人間というものの弱さと強さを、
この上もなくわからせてくれる。
――田原総一朗

○もくじ  
 
  はじめに
  人はなぜ信じるのか--田原総一朗 ・・・・・・8
  同じことを再び起こさないために--上祐史浩 ・・・・・・12
  第1章 なぜ、人は宗教を信じるのか ・・・・・・17
  第2章 宗教集団はどのようにして人材やお金を巻き込んでいくのか ・・・・・・55
  第3章 妄信の行き先 ・・・・・・101
  第4章 依存的信仰からの脱却 ・・・・・・139
  第5章 宗教やスピリチュアルとどうつき合うか ・・・・・・175
  おわりに 上祐史浩 ・・・・・・194

●田原氏の対談動画による出版社のCM動画

~危ない宗教に巻き込まれないために~

地下鉄オウムサリン事件から18年が経過した今、田原総一朗氏と上祐史浩氏が

戦後日本のタブーに挑む。

スピリチュアルとは何か。

宗教と時代......。責任をとりたくないため、あらゆることから逃げようとする若者たちと
大人たちの生き様に鋭く迫る。


●上祐史浩のブログでの紹介文です。


今、高度成長の時代が終わって、生きる目的・動機が改めて問われる中で、最近のスピリチュアルブームに見られるように、新たな宗教・思想・哲学が求められています。

その中で、本書では、田原氏との対談を通して、私のオウム真理教の体験に基づいて、宗教やスピリチュアルブームの落とし穴・危険性と、それらの解決策・上手い付き合い方を語っています。

その中で、自尊心が満たされにくい現代人の心の問題や、神秘的なこと・霊能力を絶対視してしまう過ちに言及しています。

さらに、宗教・スピリチュアルにとどまらず、オウム真理教に通じる面がある日本社会の重要な問題を語っています。

田原氏は、安倍政権の成長戦略政策でも問題となっている日本企業の過剰なトップダウンの体質や、昨今の外交問題の原因が宗教思想が大きな影響を与えた大日本帝国の戦争を総括していないことなど。
日本人にとってのタブーに触れていきます。

最後は、宗教・政治を枠を超え、近年大きな災厄をもたらした原発安全神話などの科学万能主義にも見られる、何かを絶対視する「絶対主義」の思想と、それを乗り越える「相対主義」という最新の思想・哲学について語っています。

そして、私の後書きでは、様々なものに価値を認める相対主義を踏まえ、日本の伝統でもある、様々なもの間のバランス・調和を重視する、「和と輪の思想」について、それが、21世紀に生きる日本人の新しい幸福観・幸福の思想となる可能性について語っています。

激化する競争、停滞する経済、少子高齢化など、先行きが不透明な日本社会の中で、今求められている「新たな幸福の思想」の一案となればと願っています。ご関心のある方、是非ご購読下さい。


●追記:出版報告の特別イベント

11月24日(日)に、都心の一般会議室において、私の講話会をかねた、出版報告のイベントを行う予定です(一般の方の参加歓迎)。まもなく、場所・時間などが詳しいことが決まる予定ですので、お知らせいたします。
 

この件の連絡先は、ひかりの輪の東京教室。

 担当者は細川美香、携帯電話:080-3424-7054、 

窓口電話:03-5315-2805、メールアドレス:tokyo@hikarinowa.net


なお、団体主催ではなく、出版報告イベントとして恒例となった新宿ロフトでのトークイベントも、今現在検討しています。






<<< 前へ【月刊誌『北方ジャーナル』(2013年9月号)に、上祐代表のインタビュー記事が掲載】

次へ【月刊『サイゾー』2014年1月号に、ひかりの輪のコメント記事が掲載】 >>>

  • 著作

  • 取材・インタビュー[2014]

  • 対談・トークショー・講演[2013]

  • 取材・インタビュー[2013]

  • 対談・ト-クショ-・講演[2012]

  • 対談・ト-クショ-・講演[2011]

  • 対談・ト-クショ-・講演[2010]

  • 取材・インタビュー

  • 一般の方との懇親会・聖地巡礼

  • 取材・インタビュー一覧(2013)

    一般の方のために
    『危険な宗教の見分け方』

    ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

    ■上祐史浩の著作
    オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
    ■スタッフの著作
    二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
    ポータルサイト
    ■教材ネットショップ
    アレフ問題
    アレフの問題脱会の相談はこちらへ
    外部監査委員会
    地域のみなさまへ
    ■会員サイト入り口