一般の方の声
識者・一般・会員の方の声・ご感想・体験などをご紹介

著名人との対談など

2012/12/26 上祐代表が、映画『愛のゆくえ(仮)』上映後トークイベントに出演、木村文洋監督と対談しました

   2012年12月26日の夜、上祐代表は、東京・東中野の映画館「ポレポレ東中野」において、映画『愛のゆくえ(仮)』の緊急トークイベントのご招待を受け、出演いたしました(事前告知はこちら)。

 

   この映画は、オウム事件被疑者として17年間も逃走し昨年出頭した平田信と、平田を支え続けた元女性信者の逃亡生活をモチーフに制作されたもので、全国各地の映画館で上映され始め、話題を集めています

   上祐代表は、著書『オウム事件 17年目の告白』(扶桑社)においても、平田らの逃亡に関する真実を明らかにしましたが、当日は、この映画の夜9時の上映後に、監督の木村文洋氏と映画の感想やオウム事件の真相などについて、約30分間、語り合いました。

   映画のトークイベントにお呼びいただいたのは、上祐代表にとって初めてのことでした。

 

●広報部スタッフの感想

   ところで、このイベントには、広報部スタッフも同行しましたが、平田といって思い出されるのは、今からちょうど1年前の年末年始の平田の出頭騒動で、緊急のコメントを出すなどして、マスコミ対応に忙殺されたことでした。

   それだけに、広報部が、平田等をモチーフにした映画があると最初にお聞きしたときは、正直なところ戸惑いも感じました。

   しかし、木村監督のトークや主演の前川麻子さんのお話をお聞きし、映画のモノトーンの映像と音、そしてその空気をポレポレ東中野でじかに感じ、その不思議な空気感、間合いには、何かわからないのですが心に響いてくるものがありました。

   広報部の業務では、明確な言葉で説明する機会ばかりだったのですが、映画は、いろいろなことが合わさって、新たに独特の空気を作っているということが、とても新鮮に感じられました。

   舞台照明のスタッフの方のお話によれば、舞台や映画には間合いがあって、余韻があって、照らす光も組み合わせでいろいろな表現になるということで、とても惹かれました。

   今回の映画館・ポレポレ東中野は、以前「BOX東中野」という名称だった時、森達也監督の映画『A2』を観に行って以来でしたが、とても温かな、手作りのような素敵な映画館でした。入り口の受付で、いろいろなお客様ともお話ができて、とても楽しかったです。

   映画や演劇を作り出す作り手の方々との交流は初めてでしたが、何かとても大切なものを、心にいただいたと感じています。ありがとうございました。

  ※左から、木村監督、上祐代表、主演の前川麻子さん

●関連サイト

   なお、当日のトークイベントの模様や感想は、以下のサイトにもご紹介されていますので、あわせてご覧下さい。

映画「愛のゆくえ(仮)」公式ブログ

「映画.com」サイト「上祐史浩氏、オウム逃亡犯題材の映画の感想を『言語化難しい』」

前川麻子さんのブログ「仕事部屋」


●上祐代表と木村監督の対談の全文は、以下のサイトに掲示されていますので、ぜひご覧下さい。

『neoneo web』【Report】『愛のゆくえ(仮)』上祐史浩(「ひかりの輪」代表)×木村文洋監督 トーク



 

<<< 前へ【2012/12/25 上祐代表がネット放送局の招待を受け大阪で講演しました】

次へ【2013/1/22 上祐史浩・著『オウム事件17年目の告白』出版報告トークライブ」写真レポート】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ