瞑想ツール
ひかりの輪で活用している仏教法具や、癒し・ヒーリングをご紹介します

瞑想音楽(試聴あり)

「水の神」歌詞

                                        水の神


                                                        作詞・作曲・編曲/観音楽

この歌は、神仏の現われとしての水を歌ったものです。発想は、水の神である弁財天を祀る、奈良の天河大弁財天社を訪れて、近くを流れる天川の美しい、水の流れを見た時でした。

天川とは、天の川(あまのがわ)であり、天の川とは、銀河を意味します。そして実際に、水は、大地だけではなく、天地を巡り、そのさまは、仏陀の教えと同じように、大宇宙の本質を表している、と感じました(上祐史浩)。

なお、より詳しい歌詞の意味合いは、別の機会にお話ししたいと思います。



水 流れる神
わき起こっては  流れゆく

清らかなものも
けがれたものも
川の流れに
すべてをつつみ

さまざまに流れ
大きな海で ひとつになる





 水 はぐくむ神
降り注いでは  流れゆく

清らかなものも
けがれたものも
すべてをつつんで
はぐくみ育て

いのちの母の
大きな海で  ひとつになる




 水 清める神
すべてのものを  洗いゆく

しずくとなって
大河となって
天と大地の  すべてを巡り

すべてを清め
大きな海で  ひとつになる




4(1番を繰り返し)
 水 流れる神
わき起こっては  流れゆく

清らかなものも
けがれたものも
川の流れに
すべてをつつみ

さまざまに流れ
大きな海で  ひとつになる

<<< 前へ【「水の神」の歌詞とその意味合い 上祐史浩】

次へ【歌詞「虹の神」 】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ