聖地巡り
ひかりの輪で行っている日本の聖地巡りのご案内です。

2013年7月

7月27日~29日 出羽三山(山形県)の本格的な体験山伏修行へのご参加募集――河野義行氏もご参加!

7月27~29日は、ひかりの輪スタッフは、毎年恒例で、東北の山伏の大家の方にご指導いただく、本格的な宿坊で、現地で行われる山伏修行に参加させていただきます。

この貴重な体験山伏修行に、一般のみなさまにも、ご参加募集いたします。

山を仏の母胎と見て、山に入り、山に学び、心身を清めて、生まれ変わる、という死と再生の修験道修行。
その深い思想と霊性を、現代に、最も良く保存しているという出羽山の羽黒山修験道の聖地に赴きます。

dewa516

今回は、参加者が特別です。 あの著名な河野義行氏が参加されます。


河野氏は、松本サリン事件の被害者でありながら、当初は犯人と疑われながら、その苦境を乗り越え
られ、その後、元長野公安委員を経て、現在は、ひかりの輪の外部監査委員会の委員長であられます。

多数の著作もあり、講演活動も行われています。


次に、お名前は当日のサプライズとして伏せますが、東北の山伏の大家。
「山伏」とは修験道の行者のことで、出羽山での修験道の体験修行を先導、ご指導していただきます。



なお、この方も、ひかりの輪の外部監査委員のお一人で、この巡礼は、ひかりの輪のスタッフには、一種の伝統宗教の研修の意味があります。

そして、巡礼プログラムも特別です。

羽黒山、月山、湯殿山の三つの出羽三山を巡り、自然の滝での滝行まで含んだ、本格的な修験道の
修行体験の巡礼です。



羽黒山の山頂に湧き出でるご神池の鏡池。

dewa-302

あの世か浄土かと思わせる雰囲気の月山。死者を意味する白装束で、一歩一歩登ります。

湯殿山の、湯水が溢れる神秘のご神体は、一度目にしたならば、決して忘れられない驚きのご神体です。
多くの聖地を巡礼してきたわたしたちも、想像以上のその存在感に圧倒されました。
こちらは撮影禁止で、鳥居の写真を。
dewa401

さらに、言葉では説明しにくいのですが、ここの滝行は、正に最高のエクスタシー体験です。


そして宿坊の夜は、六道の苦しみを体験するもっとも厳しい修行の一つ、「南蛮いぶし」も行われます。

こうした本格的なプログラムですが、にもかかわらず、山伏の方のご配慮によって、初めての方でも、十分に大丈夫なプログラムに工夫されています。

昨年、一昨年と、大勢の、一般の方に参加していただきました。

修験道を体験したい方だけでなく、聖山の純粋な自然と修験道の伝統の中で、

「自分を変えたい、生まれ変わりたい、
脱皮したい、しい自分を発見したい、
迷いを晴らしたい、突破口を得たい」

方まで、是非ご参加下さい。

dewa523  

この夏に、自信を持ってお勧めできる、最高の聖地巡礼プログラムです。

ご関心、ご機会のある方は、是非ご参加下さい。


◆コースについて


【1】7月27(土)~29日(日):2泊3日

2泊3日の正式なコース。出羽三山の修験道体験修行をすべて行うコースです。
最終日の3日目には、その日にしか経験できない修行や、修験道の山伏の先達や河野義行氏と交流できる機会もあります。

【2】 7月27(土)~28日(月):1泊2日

3日間は、ご都合の付かない方のための1泊2日のコース。かなり密度の濃いスケジュールですが、出羽三山の、羽黒山・月山・湯殿山・三山の修験道を体験できます。
「滝行」や、出羽三山独特の行「南蛮いぶし」も含まれます。

【3】そのほか

東北にお住まいなど、お近くの方は、日帰りの1日コースも可能かと思います。
お申し込みやお問い合わせの状況によって、検討したいと思いますので、
まずは、お問い合わせください。


◆お問い合わせ

お問い合わせ・ご連絡先は、最寄りのひかりの輪指導員、または次のひかりの輪各支部道場までお願いします。

◎東京本部担当:細川美香

  支部窓口電話:03-5315-2805 携帯電話:080-3424-7054

  メールアドレス:tokyo@hikarinowa.net

◎大阪支部(関西・中国地区)担当:田実恵理子

  携帯電話:090-3872-9521/支部窓口電話:06-6777-1618

  メールアドレス :osaka@hikarinowa.net

◎全国道場の連絡先http://hikarinowa.net/branches/



◆レポート

以下、2011年、2012年の山伏修行の様子です。
詳しくレポートしていますので、様子を想像していただけるかと思います。

◎動画
出羽三山での、初めての修験道体験(約1時間)
出羽三山聖地巡礼ダイジェスト(約5分)

◎フォトレポート
東北・出羽三山での、はじめての修験道体験修行
山頂より泉湧く山・羽黒山1
山頂より泉湧く山・羽黒山2
深い神秘の湯殿山と、その地での虹
静けし浄土・月山への登拝
月山山頂へ。そして再び湯殿山の虹

◎参加者の感想

山伏修行参加者の感想・1〔指導員・スタッフ〕(2012年7月 出羽三山・特別研修)
千葉と縁ある出羽三山に心から感動(Kさん千葉50代女性)
人生の節目に登る習わしの山(仙台在住50代男性)
出羽三山の山伏体験(東京40代男性)

<<< 前へ【 7月8日(月)福岡でのミニ聖地巡礼(宗像大社など)、ご参加募集!】

次へ【7月27日~29日 出羽三山(山形県)の本格的な体験山伏修行へのご参加募集――河野義行氏もご参加!】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ
■会員サイト入り口