聖地めぐり
ひかりの輪で行っている日本の聖地めぐりのご案内です。

2011年4月 福岡聖地巡礼

【4月4日宗像五社3】織幡神社――宗像五社を巡る

次は、玄界灘に突き出た岬の突端、鐘ノ岬にある織幡神社へと向かいました。
宗像大社から玄界灘までは十数分ほどの距離で、ほどなくして到着しました。  


まず驚いたのは、海の色の美しさです。「わあーきれい!」と歓声があがります。海の碧がグラデーションをなして、とても美しい色にきらめいていました。
あまりに綺麗なので、参拝前に海辺で自由時間を取ることになりました。

 

岬の突端の外れたところにあるにしては、堂々とした大鳥居です。

この織幡神社は、宗像五社の一つとして尊崇を集めてきた神社です。平安時代には、宗像大社に次ぐ社格の高い神社で、大阪の住吉大社以上のものだったそうです。

古代人は、山や、海や、岬にも神を感じて大切にお祀りしてきたといわれますが、この岬の突端の神社は、海路守護を祈り、盛大な祭りが行われてきた重要な場所でした。

お祀りされている織幡明神は、如意輪観音が本地仏となっています。

階段の参道を登り、丘の上にある宮を参拝しました。

 

  丘の上から見る海は、格別の眺めでした。

 


 

  ここから海を眺めていると、古代から、この岬の突端で、人々の航海を見守ってくださっていたことがわかるような気がしました。
きっと古代人は、肌でそう感じて、この場所を大切にしてきたに違いありません。
この後は、いよいよ、宗像大社中津宮のある筑紫大島へ渡ります。


次の記事【4月4日宗像五社4】宗像大社・中津宮を祀る筑前大島へ

<<< 前へ【 【4月4日宗像五社2】鎮国寺――鎮護国家の根本道場・宗像五社を巡る】

次へ【【4月4日宗像五社4】筑前大島――宗像大社中津宮と沖津宮の遙拝】 >>>

ポータルサイト
ひかりの輪関連サイトリンク集
一般の方のために
一般の方のご参加を受付中
ひかりの輪YouTubeチャンネル
■上祐史浩の著作一覧
■スタッフの著作一覧
■教材ネットショップ
■ひかりの輪 ネット教室
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ