聖地めぐり
ひかりの輪で行っている日本の聖地めぐりのご案内です。

聖地巡りの予定

12月12日(土)、日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の自然聖地巡りのお知らせ

2020年12月12日(土)、日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の自然聖地巡りを行います。


日本の真ん中、八ヶ岳を中心とした中部高地には、ほかでは見られない縄文時代の黒曜石鉱山があります。鉱山の森に足を踏み入れると、そこには縄文人が掘り出したキラキラ輝く黒曜石のカケラが一面に散らばり、「星降る里」として言い伝えられてきました。

麓のムラで作られた、人や森に生きる動物を描いた土器やヴィーナス土偶を見ると、縄文人の高い芸術性に驚かされ、黒曜石や山の幸に恵まれて繁栄した縄文人を身近に感じることができます。

富士山、八ヶ岳、南アルプスの山々を見ながら、高原の遺跡、縄文時代を旅してみたいと思います。


851497_s.jpg


●尖石縄文考古館

八ヶ岳山麓の縄文王国

八ヶ岳山麓、霧ヶ峰山麓にある、数多くの縄文遺跡から発掘された資料が展示してあります。
縄文考古館のある尖石遺跡とその隣の「与助尾根(よすけおね)」遺跡は、「特別史跡」に指定されています。

見どころは、「縄文のヴィーナス」と「仮面の女神」と呼ばれる2つの土偶です。女性が妊娠した姿を表した土偶は、優れた造形美で貴重な学術資料になっています。
さまざまな文様で作られた土器や、蓼科で古代から採れる黒曜石で作られた石器など、2000点以上の縄文時代の遺物を間近に見られる考古館です。

与助尾根遺跡で確認された住居跡には、6軒の縄文時代の竪穴式住居が復元されています。


IMG_2248.JPG


%E5%B0%96%E7%9F%B3%E7%B8%84%E6%96%87%E8%80%83%E5%8F%A4%E9%A4%A8%20%2852%29.jpg


●井戸尻考古館

南に霊峰富士を望み、正面に南アルプスの甲斐駒ヶ岳や鳳凰三山を仰ぐ、八ヶ岳の南麓にあります。

井戸尻考古館は、標高800~1000メートルの八ヶ岳山麓にある「井戸尻」・「曽利」などの遺跡からの出土品をはじめ、国重要文化財「藤内遺跡出土品」や「坂上遺跡出土の土偶」、県宝「水煙渦巻文深鉢」をはじめとする、縄文時代中期の非常に優れた造形の土器400点あまりと、1,400点近い石器などを展示しています。

再現した住居や食物・衣類などが展示されている他、土器や土偶など文様解読で明らかになった当時の宗教観念や世界観・神話などをわかりやすく紹介しています。


IMG_2269.JPG


●乙事諏訪神社

桃山様式のすぐれた建築で、本殿を持たない諏訪神社造りともいうべき、神社建築史上まれに見る「本殿のない神社」です。諏訪明神がお祀りされています。


%E4%B9%99%E4%BA%8B%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E7%A5%9E%E7%A4%BE.JPG


●清里高原・まきば公園など

八ヶ岳連峰の南麓に位置し、標高1200メートルに位置し、緩やかで圧倒的な広がりの裾野と、変化に富む富士山・南アルプス等、3,000メートル級の山々とのコントラストが美しい高原です。

澄んだ空気、美しい山々など、雄大な自然の中で、日ごろの疲れをリフレッシュできます。


127148838_3518081494937452_6475161914573899034_o.jpg


%E6%B8%85%E9%87%8C.jpg


%E6%B8%85%E9%87%8C%EF%BC%91.jpg


%E3%81%BE%E3%81%8D%E3%81%B0%E7%89%A7%E5%A0%B4%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E5%85%AB%E3%83%B6%E5%B2%B3.jpg


●北杜市考古資料館

山梨県北杜市は、八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、茅ヶ岳など、さまざまな山地に広大に広がっています。
北杜市には旧石器時代以来の多くの遺跡が残され、縄文時代には華麗な土器文化が花開いたとのこと。

また、近年になり弥生時代、古墳時代の遺跡も多数発掘されており、北杜市内の遺跡で出土した旧石器時代から戦国時代までの土器、石器などを展示し、時代ごとの遺跡を解説・紹介する資料館です。著名な出産文土器もここに展示されています。


%E5%8C%97%E6%9D%9C%E8%80%83%E5%8F%A4%E9%A4%A8.jpg


●ご参加の詳細


■参加料金 14000円

※参加料金は、学習指導代に加え・参拝代・必要に応じてかけることがある旅行保険代を含みます。

※大阪など、東京とは別の地区からご参加の方は、引率・指導の時間が異なるため、料金が異なりますので、別途下記担当者までお問い合わせをお願いします。

※心身障碍者・経済上の理由等がおありの方には、別コースや割引料金の用意がありますので、ご相談ください。


■キャンセル代

1.7日前~3日前までのキャンセルは、参加料金の50パーセント
2.3日前から当日のキャンセルは、参加料金の100パーセントとなります。


■参加者の無償奉仕による運送のお知らせ

1.出発時に各教室に集合する方は、他の参加者が運転する車両に同乗することができます。

2.これは、参加者の無償の奉仕であり、団体による運送サービスではありません。

3.これを利用されず、マイカーでのご参加も可能ですが、参加料金は減額されません。出発する教室によって料金が異なる場合は、運送料ではなく、引率・指導の経費のためです。

4.現地に集合した後の利用も可能ですが、人数に限りがあり、事前にお申し込みください。


■ご注意

1.あらゆる関連法規を順守して行います(関連法令の解釈は関係官庁の指導に基づきます)。

当団体は、宿泊施設や運送会社を手配する旅行業務や、車両による有償の運送業務は行ないません。運転は個々の参加者の奉仕活動であり、経費も個人の寄付で賄われています。そのため、一部ボランティアの方のご協力をいただきますので、ご了解下さい。

2.参加者の皆さんの安全の確保に最善を尽くします。

奉仕活動の運転の安全確保のため、車両点検・健康管理・法令順守等の確認を行いますので、スタッフにご協力ください。また、事故・怪我・疾患に関しても、スタッフが予防努力を行うと共に、旅行保険に加入しますので、ご協力ください(費用は参加料金に含まれていますが、直前のお申し込みの場合は加入が間に合いませんので、ご了解ください)。

3.一般の方も参加できますが、目的にご注意ください。

ひかりの輪の聖地めぐりは、会員ではなく、一般の方も参加できますが、単純に神社仏閣等などを参拝する旅行ではなく、ひかりの輪の思想に関連付けながら、様々な学習をすることが目的ですので、一般の旅行業者と同じような目的でのご利用はお控えください。


■お問い合わせ先

東京本部教室(関東近郊):細川美香
担当者携帯電話:080-2273-3588
メールアドレス:tokyo@hikarinowa.net

<<< 前へ【2020年11月21日(土) 日光 聖地・自然巡りのご案内】

ひかりの輪
 👆参加ご希望の方はこちら
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
テーマ別動画
テーマ別の動画サイトです
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ