聖地めぐり
ひかりの輪で行っている日本の聖地めぐりのご案内です。

聖地巡りの予定

7月19日(日)京都:浄瑠璃寺・岩船寺:石仏巡りのご案内

7月19日(日)名古屋教室・大阪教室合同の聖地巡りを行います。

浄瑠璃寺から岩船寺周辺には、石仏が点在しています。 これらは道しるべとしての石仏達です。
四季折々の美しい山村の風景が楽しめます。

%E5%BD%93%E3%81%AE%E7%9F%B3%E4%BB%8F%EF%BC%93.jpg

京都と奈良との県境の京都府木津川市加茂町当尾(とうの)地区は古来、南都仏教の影響を色濃く受け、世俗化した奈良仏教を厭う僧侶が穏遁の地として草庵を結び、念仏に専心したと伝えられています。
 

 

 

草庵が寺院へと姿を変え、塔頭が並び「塔の尾根」ができ、いつしか「当尾」と呼ばれるようになったといわれます。

 

 

浄瑠璃寺や岩船寺周辺は、寺院や修行場が散在し、多くの磨崖仏が造立されました。 

●浄瑠璃寺

本尊は阿弥陀如来と薬師如来、寺名は薬師如来の居所たる東方浄土「東方浄瑠璃世界」に由来します。

 

  

●岩船寺

本尊は阿弥陀如来。開山は行基と伝える。アジサイの名所として知られる。
 

 


 

 

●ご参加の詳細

■参加料金 13000円

※参加料金は、学習指導代に加え・参拝代・必要に応じてかけることがある旅行保険代を含みます。

※心身障碍者・経済上の理由等がおありの方には、別コースや割引料金の用意がありますので、ご相談ください。

■キャンセル代

1.7日前~3日前までのキャンセルは、参加料金の50パーセント
2.3日前から当日のキャンセルは、参加料金の100パーセントとなります。

■参加者の無償奉仕による運送のお知らせ

1.出発時に各教室に集合する方は、他の参加者が運転する車両に同乗することができます。

2.これは、参加者の無償の奉仕であり、団体による運送サービスではありません。

3.これを利用されず、マイカーでのご参加も可能ですが、参加料金は減額されません。出発する教室によって料金が異なる場合は、運送料ではなく、引率・指導の経費のためです。

4.現地に集合した後の利用も可能ですが、人数に限りがあり、事前にお申し込みください。


■ご注意

1.あらゆる関連法規を順守して行います(関連法令の解釈は関係官庁の指導に基づきます)。

当団体は、宿泊施設や運送会社を手配する旅行業務や、車両による有償の運送業務は行ないません。運転は個々の参加者の奉仕活動であり、経費も個人の寄付で賄われています。そのため、一部ボランティアの方のご協力をいただきますので、ご了解下さい。

2.参加者の皆さんの安全の確保に最善を尽くします。

奉仕活動の運転の安全確保のため、車両点検・健康管理・法令順守等の確認を行いますので、スタッフにご協力ください。また、事故・怪我・疾患に関しても、スタッフが予防努力を行うと共に、旅行保険に加入しますので、ご協力ください(費用は参加料金に含まれていますが、直前のお申し込みの場合は加入が間に合いませんので、ご了解ください)。

3.一般の方も参加できますが、目的にご注意ください。

ひかりの輪の聖地めぐりは、会員ではなく、一般の方も参加できますが、単純に神社仏閣等などを参拝する旅行ではなく、ひかりの輪の思想に関連付けながら、様々な学習をすることが目的ですので、一般の旅行業者と同じような目的でのご利用はお控えください。

■お問い合わせ先


●名古屋支部教室担当山口雅彦
住所:愛知県豊明市栄町上姥子6-139
携帯電話:090-6852-4929
メールアドレス:nagoya@hikarinowa.net
名古屋ブログご紹介ページ(写真・地図あり)へ

 

●大阪教室担当:田渕智子山口雅彦

携帯電話:080-2513-6017(田渕)、090-6852-4929(山口)
窓口電話 :072-947-9071
メールアドレス::osaka@hikarinowa.net
大阪・ブログご紹介ページへ

  ※写真はウィキペディアより

 

<<< 前へ【8月1日(土)世界遺産「富士山」の聖地・自然巡りのお知らせ】

次へ【8月16日(日)戸隠・善光寺 自然・聖地巡りのお知らせ】 >>>

ひかりの輪
 👆参加ご希望の方はこちら
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
テーマ別動画
テーマ別の動画サイトです
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ