聖地めぐり
ひかりの輪で行っている日本の聖地めぐりのご案内です。

聖地巡りの予定

5月26日(日)「令和」ゆかりの万葉集北限の地・涌谷の聖地自然巡り~東大寺大仏完成を支えたわが国初の産金地、悠久の自然豊かな聖地を巡る

東北の5月のさわやかな新緑の季節の5月26日(日)に、ひかりの輪仙台教室では、宮城県北部に位置する、わがくに初の産金地、秘境的な涌谷町の聖地自然巡りを行います。

涌谷は、万葉の時代に、仏教によって平和な日本を築こうとした聖武天皇の東大寺大仏建立事業を支えた重要な地でした。

当時、東大寺大仏の金が不足していた際、「日本で金はとれない」という常識を覆した涌谷で産出された砂金。わが国始まって以来、初めての金の産出により、東大寺大仏は完成されました。

金が発掘された場所や、その近辺には、素晴らしい豊かな自然、広大な田園、古代から大切にされてきた神や仏がお祀りされ、悠久の里山の風景が広がっています。




「令和」の元号の元となった万葉集の歌人・大伴旅人の息子の大伴家持は、当時の涌谷の産金について、万葉集に歌を残しました。

万葉集の中に詠まれた中で、この涌谷が、わが国最北の場所として登場しています。

「すめろきの御代さかえむと 東(あずま)なる、


  みちのくの山に 金(くがね)花咲く」


(聖武天皇の時代が栄えるように、この遥か東の山の中で金が花のように咲いた、という意)

そんな歴史も学びながら、素晴らしい聖地や自然の中で、心を静め豊かな一日としたいと思います。

◎黄金山神社(こがねやまじんじゃ) ~わが国初の産金地

古代、六角堂が建てられていた場所に、黄金山神社が鎮座されています。

黄金色の鳥居が目印です。




奈良・東大寺大仏に使われた砂金採りの当時の様子の再現図(境内の看板)



 神社周辺を、森と小川が取り囲み、清々しい聖地の雰囲気に満ちています。





◎箟峯寺(こんぽうじ) 奥州三十三観音霊場、修験道の一大霊場

箟峯山(236m)の山頂に鎮座する天台宗の寺院です。



奥州三十三観音霊場でもある十一面観音がお祀りされている観音堂。



江戸時代は、宿坊が24坊ある天台宗の一大霊場だったそうです。





「奥州鎮護」。奥州三十三観音霊場です。






どことなくユーモラスな仁王様。

そして白山権現社が鎮座され、農業の神様、作神様が大切にされています。




広大な田園地域で、「作神様」も大切にされています。

境内からの展望はまさに絶景。素晴らしい霊場です。




◎妙見宮(神明社)


古来、大切にされてきた妙見宮は、御祭神は天照皇大神と天之御中主神で、涌谷伊達氏の氏神様でもあったお宮です。







小山の頂上には、質素な佇まいのお宮がいくつかお祀りされ、たいへん清々しい雰囲気に満ちた神社です。




巨木、美しい花々、緑の植物が豊かに育っています。




◎八幡宮

宮城県には、江戸時代に、すでに先進的に元禄潜穴の排水路が存在していました。




その近くの川沿いには桜の新緑と田園が広がる、とても美しい里山を散策します。




大切にお祀りされた八幡宮が鎮座されています。




◎紫神社

松島町の松島町の総鎮守である紫神社は、平安時代からお祀りされている古い神社です。

天御中主神がお祀りされています。




源義経が武運を祈った際、藤の花の満開の紫雲山にちなみ、紫神社という名に改められました。





紫色に輝く不思議な石「紫石」がお祀りされていて、パワースポットとしても有名です。

朱色の美しいお社です。




◆参加料金

11000円(お弁当付き)

※参加料金は、学習指導代に加え、参拝代・場合によってかけることのある旅行保険代は含みますが、温泉代は含まれませんので、ご注意ください。

※心身障碍者・経済上の理由等がおありの方には、別コースや割引料金の用意がありますので、ご相談ください。

■当日ご自身でお支払いいただく費用

温泉代・交通代は、当日ご自身で各業者に直接お支払いいただきます。

温泉代 温泉入浴を希望される方とされない方がいらっしゃいますので、参加料金には含まれませんのでご注意下さい。

■参加者の無償奉仕による運送のお知らせ


1.出発時に各教室に集合する方は、他の参加者が運転する車両に同乗することができます。

2.これは、参加者の無償の奉仕であり、団体による運送サービスではありません。

3.これを利用されず、マイカーでのご参加も可能ですが、参加料金は減額されません。

出発する教室によって料金が異なる場合は、運送料ではなく、引率・指導の経費のためです。

4.現地に集合した後の利用も可能ですが、人数に限りがあり、事前にお申し込みください。

■ご注意


1.あらゆる関連法規を順守して行います(関連法令の解釈は関係官庁の指導に基づきます)。

当団体は、宿泊施設や運送会社を手配する旅行業務や、車両による有償の運送業務は行ないません。運転は個々の参加者の奉仕活動であり、経費も個人の寄付で賄われています。そのため、一部ボランティアの方のご協力をいただきますので、ご了解下さい。

2.参加者の皆さんの安全の確保に最善を尽くします。

奉仕活動の運転の安全確保のため、車両点検・健康管理・法令順守等の確認を行いますので、スタッフにご協力ください。また、事故・怪我・疾患に関しても、スタッフが予防努力を行うと共に、旅行保険に加入しますので、ご協力ください(費用は参加料金に含まれていますが、直前のお申し込みの場合は加入が間に合いませんので、ご了解ください)。

3.一般の方も参加できますが、目的にご注意ください。

ひかりの輪の聖地めぐりは、会員ではなく、一般の方も参加できますが、単純に神社仏閣等などを参拝する旅行ではなく、ひかりの輪の思想に関連付けながら、様々な学習をすることが目的ですので、一般の旅行業者と同じような目的でのご利用はお控えください。

■お問い合わせ


ご参加ご希望の方は、お気軽に下記までお問い合わせください。ひかりの輪 仙台教室

担当者携帯電話:080-2273-3588(細川)、080-6528-0369(水野)

メールアドレス:sendai@hikarinowa.net

twitter @Munakatamaki

<<< 前へ【6月1日・2日(土・日)諏訪・戸隠聖地自然巡りー神秘の聖地を巡る】

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪YouTubeチャンネル
テーマ別動画
テーマ別の動画サイトです
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ