聖地めぐり
ひかりの輪で行っている日本の聖地めぐりのご案内です。

聖地巡りの予定

9月16日~18日 木曽駒ヶ岳・分杭峠・乗鞍岳(剣ヶ峰・大日岳):スーパーパワースポット&中央・北アルプスの聖山を巡る

    今年9月の三連休で、ひかりの輪では、聖地巡り&瞑想、そして、とても登りやすい山である中央アルプスの木曽駒ヶ岳と北アルプスの乗鞍岳(剣ヶ峰から大日岳)の登拝をそして、「ゼロ磁場地帯」の分杭峠での瞑想を行います。

    16日は、中央アルプス木曽駒ヶ岳の登拝、17日は伊那にある分杭峠での瞑想、その後は乗鞍近くにある奥飛騨温泉郷の一つ・平湯に移動をし、ダイナミックな滝や巨木の聖地を巡り、湯量豊富な源泉掛け流しの秘湯・平湯温泉で疲れを癒します。 そして、18日は北アルプス乗鞍岳の中でも最高峰の剣ヶ峰から大日岳への登拝を行います。

    日帰り~二泊三日まで、ご希望に合わせて日程も選んでいただけますのでご検討いただき、長い休日のひとときをご一緒できましたら幸いです。


■訪問予定地(変更の可能性あります)

◆木曽駒ヶ岳

    木曽駒ヶ岳は、日本百名山の一つ、標高3000M近い、中央アルプスの聖山です。
有名な千畳敷カール(氷河地形)があり、ロープウェイとしては日本最高所に至る、駒ヶ岳ロープウエイのおかげで、初心者でも、登頂が十分可能となりました。
    カールとは、2万年前、氷河期の氷で削り取られたお椀型の地形のことを言い、標高2,500mを超える高山帯の岩肌の真下に広がる千畳敷カールを歩きながら、木曽駒ヶ岳山頂を目指していきます。

%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%9F%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%97%E3%82%B9.jpg

                    千畳敷カールからみた、南アルプス

    9月の木曽駒ヶ岳は、山頂から山麓へ、美しい紅葉が降りてきて、紅に、黄金色に染まっていく鮮やかな山肌、紅葉と緑のハイマツ、そして白い岩石がみごとなコントラストを見ることができます。
    上に上がるにつれて森林限界を超え別世界となって、この世のあの世の雰囲気かも。山頂には伊那駒ヶ岳神社の奥宮があります。

 

%E5%B1%B1.jpg

 

 

%E5%B1%B1%E9%81%93.jpg

 

%E4%B9%97%E8%B6%8A%E6%B5%84%E5%9C%9F%E3%82%92%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%97%E3%81%A6.jpg
 
乗越浄土を目指して

 

 

%E4%B9%97%E8%B6%8A%E6%B5%84%E5%9C%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%97%E3%82%B9.jpg
 
乗越浄土からみた南アルプス

 

 

%E7%B5%B6%E6%99%AF.jpg

 

 

%E9%A7%92%E3%83%B6%E5%B2%B3%E5%B1%B1%E9%A0%82%EF%BC%882956%EF%BD%8D%EF%BC%89.jpg
 
駒ヶ岳山頂

 


◆分杭峠

    分杭峠は、近年テレビでも報道されて非常に有名になり、日本最大のパワースポットとも言われています。

    分杭峠は、いわゆる「ゼロ磁場地帯」であり、中国の著名な気功師にも認められ、病気治療・癒しのために
訪れる人、現地のお水を汲みに来る人などが急増しました。

    また、諏訪など他の多くの聖地と共に、日本最大の地層の断層帯である中央構造線の上にあります。
    ひかりの輪でも繰り返し訪れ、色々な不思議な出来事もあって、聖地だと感じているとことろです。

 

%E5%88%86%E6%9D%AD.jpg

 


◆平湯温泉:大滝と巨木の大自然、奥飛騨温泉郷で最も歴史ある秘湯

    17日は分杭峠での瞑想、そして、平湯温泉を散策します。日本滝百選に選ばれた高さ64mもの名瀑・「平湯大滝」は、美しく、巨大な滝から流れ落ちる滝の轟音と水しぶきは大迫力です。たっぷりのマイナスイオンです。

 

hirayuotaki.jpg

 


◆乗鞍岳剣ヶ峰(けんがみね)

    最終日18日は、平湯からバスで標高2700mの畳平へ移動し、乗鞍岳の最高峰で標高3026mの剣ヶ峰を経由し、3014mの大日岳を登拝します。3000m以上の登山ですが、2700mの地点からなので、手軽に登れる登山です。

    古来、霊山として乗鞍大権現のご神体の山と仰がれ、信仰されてきた山で、山頂には乗鞍本宮(のりくらほんぐう)があります。

    飛騨の国の国司が、「大野郡愛宝山(あぼうやま)に三度紫雲(しうん)がたなびくの見たとの瑞兆(ずいちょう)を朝廷に言上した」と、『日本三代実録』(873年)に記されています。愛宝山(あぼうやま)とは、乗鞍岳のことです。紫雲とは紫色の雲のことで、仏様が乗って来迎(らいごう)する雲で吉兆とされます。

    「乗鞍岳」という名前は、山容が馬の鞍のように見えることからつけられたといます。

    バスで行ける畳平(たたみだいら)は標高2702mで、そこからお花畑をぬけて、雪渓が残る不消ヶ池(きえずがいけ)を右手に見て進んで行くと剣が峰が見えてきます。

 

%E7%95%B3%E5%B9%B3%20%28800x600%29.jpg

 

 

%E8%82%A9%E3%81%AE%E5%B0%8F%E5%B1%8B%EF%BD%9E%E2%91%A1%20%28800x600%29.jpg

 

 

%E5%89%A3%E3%81%8C%E5%B3%B0%E3%82%92%E6%9C%9B%E3%82%80%20%28800x600%29.jpg

 

 

%E5%89%A3%E3%83%B6%E5%B3%B0%E5%B1%B1%E9%A0%82.jpg

 

 

%E4%B9%97%E9%9E%8D%E6%9C%AC.jpg

 

%E5%89%A3%E3%81%8C%E5%B3%B0%E3%82%88%E3%82%8A%20%28800x600%29-thumb.jpg

 

ダイナミックな大自然に触れる今回の機会に、ぜひご一緒いただけましたら幸いです。

 

<<< 前へ【7月1日(土)初夏の東信州・軽井沢での森林浴と、隠れたパワースポット・神社仏閣巡り&上祐代表の仏教・心理学セミナーのお知らせ】

次へ【7月17日(月・祝) 高尾山から小仏城山、相模湖へ至る東海自然歩道の信仰・自然を巡る旅】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ