聖地巡礼
ひかりの輪で訪れた各聖地のご紹介や、聖地巡礼修行をご紹介しています

【ご参加募集】2013年の聖地巡礼ツアー

6月1日(土)~2日(日)諏訪・戸隠・善光寺、聖地の中の聖地巡礼、ご参加募集中

6月1日(土)と2日(日)に、この季節、ひかりの輪では毎年恒例になりました長野県の諏訪・戸隠・善光寺聖地巡礼を行います。

今回の巡礼は、素晴らしい霊気や、とても神聖な波動を持った、聖地中の聖地を巡る、とっておきの巡礼です。

今回のコースには、一般には知られていない秘境的な聖地も含まれており、「パワースポット」と呼ぶのは軽薄な感じのしてしまう、大自然の中でホーリーな波動を持つ聖地をたくさん選びました。



◆日程とコース


6月1日(土) 日中:諏訪(諏訪大社上社、ミシャグチ総社、お袋石など)
                     夜:戸隠宿泊(澄み切った星空を)

6月2日(日) 早朝より:戸隠(早朝の濃密な霊気の戸隠奥社・杉並木を散策、戸隠奥社、戸隠中社)、
                  善光寺

  ①一泊二日の全日コース
  ②1日(土)の、諏訪のみの日帰り参加
  ③1日(土)夜(戸隠集合)~2日の戸隠・善光寺のみの参加
などがあります。

◆6月1日 諏訪の内容

まず、1日目の6月1日は、諏訪を巡礼します。諏訪は古代・縄文の野生に満ちた聖地です。

地理的にも、中央構造線とフォッサマグナという日本の二大エネルギーラインが交差する点にある、真のスーパースポットに、古代から禊ぎに用いられた湧き水の流れる清流。



この水は、神山・守矢山の麓にあり、古来より、祭祀が行われ続けている諏訪大社の前宮を、水眼の清流という川となって流れていて、尊いご神水とされています。



そして、静かに存在する、たとえようもない優しさを持つ波動のご聖木。御頭ミシャグチ総社。

 

静かで神聖な波動を放つ、古代、神が降りたとされ、諏訪七石として、今なお大切にお祀りされている神聖なイワクラ。小袋石。





さらには、諏訪大社の御柱。御柱は、山から切りだして、諏訪大社の四方の結界のために立てられた神柱で、パワーを感じます。

 

 

 

◆6月2日 戸隠の内容

1日の夜のうちから戸隠に入り、宿泊し、2日は、早朝から、朝の戸隠奥社の杉並木を散策します。

ここの濃密な霊気は、他に類を見ないほどで、歩いていると心身が元気になっていく、とっておきのパワースポットです。 

 

戸隠山(「天の岩戸」と伝わる)

九頭龍社(水の神・九頭龍大神を祭る)

そして、その参道から少し離れたところにある宝篋印塔(ほうきょういんとう)。
近年人気爆発の戸隠ですが、ここは一般の人がほとんど行かない秘境的なスポット。神聖な波動のご神木を中心に、その神秘的で神聖な空間は正に格別です。



歴史的には、この戸隠は、かつては比叡山に並ぶほどの一大修行場であった場所でもあり、また、戸隠に宿泊する夜は、澄み切った空気の中、満天の星空を望むことができ、無限の大宇宙を感じることも。


戸隠山の麓にある鏡池

そして、戸隠の後に、名高き善光寺を最後に参拝。
古来霊験あらたかとされる、その「日本最古の秘仏」の前での瞑想は、本当に神秘的です。


◎昨年の巡礼の動画
http://www.joyu.jp/hikarinowa/pilgrimage/1320116/004520116.html

この諏訪・戸隠は、ひかりの輪の説く「輪の思想(法則)」の聖地でもあります。

輪の思想とは、この宇宙と生命と幸福と悟りなどの根本原理であり、「万物は、輪のように循環し、平等で一体」という思想で、これは、諏訪や戸隠を含めた、聖地での瞑想や体験があってこそ、生まれたものです。

特に諏訪の巡礼では、昨年と一昨年の二年連続して、その巡礼の最中に、空に、仏教で吉兆とされる「太陽の周りの虹の光の輪」が現われるという神 秘的なことがありました。そして、こういった自然の聖地では、太陽や昼夜や四季の循環、水や空気の循環も普段にもまして感じられます。


大自然の輪の聖地の霊性に助けていただくことで、普段よりも、より心身のリフレッシュ、そして、真の幸福の道である仏陀の智恵の理解(悟り)に、格別の機会となることと思います。

ぜひ、みなさまのご参加をお待ちしています。

巡礼ツアーは、ひかりの輪の会員の方と一般参加者の方が半分ずつぐらいの割合になっていて、入会勧誘などは一切ありませんので、ご興味のあるかたは、安心してお気軽にご参加下さい。

◆お申し込み・お問い合わせや、巡礼の交通


・東京、大阪、名古屋方面より、車が出ます。
・電車やお車での、現地集合も可能です。

ご参加希望の方は、以下の担当者、および、ひかりの輪の全国道場の担当者までご連絡下さい。

◎東京本部

担当:細川美香
支部窓口電話:03-5315-2805
担当者携帯電話:080-3424-7054
メールアドレス:tokyo@hikarinowa.net

大阪支部(関西・中国地区) 担当:田実恵理子
住所:大阪市中央区上町1-9-6 サンヨービル6F(玄関は5階にあります)
担当者携帯電話:090-3872-9521
支部窓口電話  :06-6777-1618
メールアドレス :osaka@hikarinowa.net

◎全国道場の連絡先
http://hikarinowa.net/branches/

<<< 前へ【5月11日(土)、長野県は「信州の鎌倉」上田にて、聖地巡礼(日帰り)と、小諸の上祐代表説法会のご参加募集】

次へ【7月27日~29日 出羽三山(山形県)修験道の体験巡礼ご参加募集――河野義行氏もご参加!】 >>>

『終わらないオウム』
5/30発売上祐史浩・第二弾『終わらないオウム』(鹿砦社)   鼎談】上祐史浩/鈴木邦/徐裕行【解説】田原総一郎
『オウム事件17年目の告白』
上祐史浩著・全国書店にて好評発売中。ネットショップでご購入できます。
一般の方のために
外部監査委員会
ひかりの輪を監査する「外部監査委員会」のサイト〈河野義行委員長監修〉
アレフ問題
アレフ洗脳被害のご相談窓口もこちら,アレフの盲信脱却法も掲載。
地域のみなさまへ
地域の住民のみなさまに向けて、団体の活動や、疑問へのお返事を公開。
ポータルサイト
二十歳からの20年間
3月1日、全国書店で発売中。
「ひかりの輪」代表 上祐史浩オフィシャルサイト
ひかりの輪 ネット道場
どなたでも、道場でご提供している教えや修行法を、ネットを通じてご自宅から学んでいただけます。