団体の概要
「ひかりの輪」とは何かについて、団体の基本的性格や制度などをご紹介します。

■ひかりの輪のシンボルマークの意味

ひかりの輪のシンボルマークの意味

ひかりの輪のシンボルマークの意味

  これは、ひかりの輪の聖地巡礼に良く現れる、太陽の周りの虹のひかりの輪と、仏教で、仏陀と仏陀の教えの象徴とされる法輪(ダルマ・チァクラ)を重ね合わせたものです。

   青空のイメージを背景に、法輪の真ん中から、太陽を表すひかりが四方へと放射されています。「ひかりの輪」にぴったり合った、美しいマークとなりました。
(2011年5月)



ご注意--ひかりの輪と仏教の関係

   なお、ひかりの輪が、シンボルマークに仏教の象徴を使ったり、祭壇に釈迦牟尼を置いたりしているのは、釈迦牟尼・仏教を絶対としているからではありません。

   実際に、ひかりの輪は、日本の伝統文化に根付いている、聖地・自然の巡礼をするなど、自然信仰的なアプローチや、神道的なアプローチも尊重して、その学習に取り入れています。ただ、日本が基本的に仏教国で、文化的に仏教的なシンボルに馴染みが深いために、そうしているとご了解ください。また、今後は、仏教以外の日本的文化・シンボル、自然や神道的なものが、団体の要素として、増えていくとも思います。

   釈迦牟尼を置いた理由は、先ほど述べたように、釈迦牟尼自身は、「自分を崇拝するな、めいめいの自己をよりどころとせよ」と説き、個々人にあった教え(方便)を説いた人であり、その考え方が、新団体の理念・思想とよくマッチしていたことなどのためです。

 

<<< 前へ【団体名の「ひかりの輪」の由来】

次へ【【1】ひかりの輪の目的・組織・活動内容など】 >>>

『終わらないオウム』
5/30発売上祐史浩・第二弾『終わらないオウム』(鹿砦社)   鼎談】上祐史浩/鈴木邦/徐裕行【解説】田原総一郎
『オウム事件17年目の告白』
上祐史浩著・全国書店にて好評発売中。ネットショップでご購入できます。
一般の方のために
外部監査委員会
ひかりの輪を監査する「外部監査委員会」のサイト〈河野義行委員長監修〉
アレフ問題
アレフ洗脳被害のご相談窓口もこちら,アレフの盲信脱却法も掲載。
地域のみなさまへ
地域の住民のみなさまに向けて、団体の活動や、疑問へのお返事を公開。
ポータルサイト
二十歳からの20年間
3月1日、全国書店で発売中。
「ひかりの輪」代表 上祐史浩オフィシャルサイト
ひかりの輪 ネット道場
どなたでも、道場でご提供している教えや修行法を、ネットを通じてご自宅から学んでいただけます。