イベント予定
「ひかりの輪」のセミナー・イベントのスケジュールをお知らせします。

2019年07月

  • 「東西心理学総論」講座の開設のお知らせ (2019年07月21日)

      この8月から、ひかりの輪は、これまでの長年の心理学講座について、それを体系化して、「東西心理学総論」として再スタートします(夏期セミナーで一回目の講義を行います)。これによって、初心者の皆さんでも、日常生活の問題の解決や精神的な向上に役立つ、様々な心理学理論を分かりやすく体系的・包括的に学ぶことができるようになります。

      心理学の研究家で、認定ヒプノセラピストの山口雅彦指導員が、テキストに基づいて解説した上で、同指導員と上祐代表の対談形式や、参加者との質疑応答で理解を深めていくという能動的なスタイルです。

      内容は、様々な心の苦しみ・ストレス・人間関係の問題などの解決に役立ち、安定した広い心を養うために役立つ心理学・心理療法の解説と実習です。これらは、同じく心を論理的に探究してきた仏教・ヨーガの思想とも一致する部分が多く、一般の心理学講座を超えて、東西の叡智を融合させた講義となると自負しています。

      最後に、本講座の概要を下記の通りご紹介します。


    1.第1集:心理学・心理療法の基礎:フロイト・ユング・アドラーの心理学
    (1)ジークムント・フロイト:「無意識」「精神分析」「トラウマ理論」
    (2)カール・グスタフ・ユング:「ユング心理学」分析心理学
    (3)アルフレッド・アドラー:「アドラー心理学」劣等感の心理学・勇気づけの心理学


    2.第2集:人格の分析と改善
    (1)交流分析:人格の成長を促し、人間関係・健康・能力・自己実現を改善
    (2)愛着理論:人の養育者と関係と、心理的・社会的な問題の関係


    3.第3集:認知行動療法
    (1)認知行動療法:物の考え方(認知)を変えてうつ病・不安神経症を治す
    (2)マインドフルネス認知療法:マインドフルネス瞑想を取り入れた認知療法
    (3)論理療法:物の考え方に焦点を当てた最初の心理療法であり人生哲学
    (4)スキーマ療法:思い込み(スキーマ)に焦点を当てた心理療法
    (5)アクセプタンス&コミットメントセラピー(ACT):第3世代の認知行動療法
    (6)コンパッション・フォーカスト・セラピー:自己への慈悲がキーワード


    4.第4集:感情の制御
    (1)選択理論:リアリティ・セラピー。行動・感情の選択で自分を変える
    (2)森田療法:日本人創始の心理療法。心配性・不安・恐怖・神経質に効果。


    5.第5集:前向きに生きる
    (1)ポジティブ心理学:最新の心理学、生きる意味と目的を探求する心理学
    (2)レジリエンス:落ち込み・ストレスから立ち直るための心理学理論
    (3)ロゴセラピー:苦難の中でも生きる意味を見出すための心理学
    (4)幸福の条件:ポジティブ心理学に沿って幸福になる条件を考える


    6.第6集:心理学・脳科学による宗教思想の検証
    (1)宗教体験・悟り体験の脳科学:瞑想の効果・仏道修行の科学的な有効性
    (2)チベット死者の書とユング心理学:仏教の輪廻転生をユング心理学で解説


    7.第7集:社会的問題に関する心理学
    (1)無差別大量殺人者の心理:大量殺人を引き起こす6つの要因を解説
    (2)暴走する老人の心理:高齢者がキレやすくなる要因を科学的に解説。
    (3)孤独の問題:孤独が心身に与える影響、その原因と解決法を解説。
    (4)差別の心理:差別の心理的メカニズムと実際の解説


    8.第8集:個人(自我)を超えた意識の心理学
    (1)トランス・パーソナル心理学:超個心理学・自我を超えた心理学
    (2)心身一体:心身を調和させ、心体の不調・心身症をいやす理論
    (3)唯識思想;1500年前から説かれた仏教の深層心理学:全ては心の現われ


    より詳細な講座の内容に関しては、別の資料がありますので、お問い合わせください。


    ◆お問い合わせ先

    東京本部教室千葉教室
    担当:細川美香
    担当者携帯電話:080-2273-3588
    メールアドレス:tokyo@hikarinowa.net

  • 「宗教思想総論」講座のお知らせ (2019年07月21日)

      2019年8月から、ひかりの輪は、様々な宗教思想を学ぶ「宗教思想総論」講座を始めました。

       日本伝統の神道・仏教(及び修験道)に加え、ユダヤ・キリスト・イスラムなどの一神教も、ひかりの輪の聖地巡りで訪れる神社仏閣の紹介やエピソードを含めて、楽しんで学んでいただけます。

       ひかりの輪では、オウム真理教をはじめとする20世紀までの宗教等の過ちを反省・総括してきました。そこで学び、培ってきた考え方を活用して、従来の宗教・思想を21世紀の人々と社会に生かせるよう探究する機会をご提供できればと思います。

       講義は、上祐代表と広末指導員の対談形式で進めていきます。

     


    ◆日時

    月1回程度(随時お知らせします)


    ◆場所

       東京本部教室
       (※講義は、東京本部教室での直接参加、および、他の各教室でのネット中継でのご視聴に加え、ご自宅でもネット中継でご視聴いただけます)


    ◆これまでの講義内容

       これまでは、以下の通り、主に日本神話が記された『古事記』の内容を学んできました。


    ●「第1回」:『古事記』のうち、天地の始まりから、天照大神をはじめとする神々の出現を経て、後に「初代・神武天皇」となるカムヤマトイワレビコノミコトが生誕するまでの流れ。日本神話と世界の神話との共通性からわかる、古代においても日本と世界が密接に繋がっていた事実。


    ●「第2回」:カムヤマトイワレビコノミコトの生誕から、ミコトが、いわゆる「神武東征」を行って、現在の奈良において「初代・神武天皇」として即位するまでの流れ。天皇家に伝わる「三種の神器」のルーツに関連する情報と、日本と大陸との古代の繋がりについて。


    ●「第3回」:「初代・神武天皇」が即位してから、実質的な初代天皇ともいわれる「第10代・崇神天皇」の即位と治世を経て、「第11代・垂仁天皇」の世までの流れ。


    ●「第4回」:「第12代・景行天皇」のもとで、西国と東国を平定した古事記の英雄・ヤマトタケルノミコトの物語について。


    ●「第5回」:「第13代・成務天皇」から「第15代・応神天皇」の即位までの流れと、応神天皇をご祭神とする八幡信仰(八幡宮・八幡神社)の歴史と真相について。


    ●「第6回」:天照大神と共に伊勢神宮にお祀りされている豊受大神と、その謎を秘めた丹後・籠(この)神社〈ひかりの輪でも過去2回以上参拝〉の歴史が物語る日本創世のもう一つのストーリーについて。


    ●「第7回」:第15代・応神天皇(今から約千数百年前)の時代に、海外から日本に渡来した謎の一族・秦氏(はたし)のルーツについて。秦氏が、古代日本のみならず、現代日本にまで及ぼしている多大な影響と、ひかりの輪との縁について。


    ◆参加費、ネット視聴方法・料金

       一講義につき、会場での直接参加の場合は、2500円です。

       ネット視聴の場合は、2000円です。指定する口座にご入金いただいた後、こちらから視聴URLとパスワードをメールでお送りするしくみです。
       なお、すでに終わった講義は、録画でのご視聴になります。


    ◆連絡先

       会場での参加、および、視聴を希望される方は、口座番号をお送りしますので、以下までご連絡ください。


    ◎東京教室/東京・埼玉地区)担当:細川美香
       住所:東京都世田谷区南烏山6-30-19 GSハイム烏山201
       担当者携帯電話:080-2273-3588
       メールアドレス:tokyo@hikarinowa.net

       または、各支部教室でもご連絡をお受け付けしています。