NEWS
「ひかりの輪」に関する最新ニュースをお届けします。

2017年06月

  • 松本サリン事件から23年目を迎えて (2017年06月27日)

                        ひかりの輪元オウム真理教信者一同
                        2017年6月27日

     1994年6月27日に発生した松本サリン事件から、本日で23年目を迎えました。当団体の会員のうち、かつてオウム真理教に所属した私たちは、事件で亡くなられた8名の皆様、負傷をされた600名以上の皆様、そして被害を受けられたすべての皆様に対して、心よりお詫びを申し上げます。

     当団体の中には、松本サリン事件に関与した者は一人もおりませんが、極めて独善的なオウム真理教団を物心ともに支え続けてきたことについては、私たちの意識の根底にも、そのような善悪二元論的な傾向があったものと考えております。

     自己を絶対善とし、他者を絶対悪とするような未熟な精神こそ、オウム真理教やカルトを生み出す根源であると見て、昨年以来さらに反省・総括に取り組み、外部の識者のお力を借りながら自己反省を重ねて、教訓を社会に残す活動に努めてまいりました。

     そして、その思いをさらに刻み続けるために、微々たるものではありますが、被害者の皆様への賠償金のお支払いを継続してまいりました。

     さらには、今もなお麻原に対する信仰を強化し、多くの若者を入信させているアレフの活動を阻止すべく、力を注いでまいりました。

     当団体では、定期的に慰霊行事を執り行ってまいりましたが、本日夜にも慰霊行事を執り行い、松本サリン事件に思いをはせ、以上の決意を新たにさせていただく所存です。

     もとより、いかなる活動をもってしても、亡くなられた方々が戻ってこられるわけでもなく、失われた時間が取り戻せるものでもない以上、とうてい償いを尽くせるものではありません。それでも、せめて二度と同様の事件が起きることのないよう、あらゆる手段をもって尽力してまいりたいと考えております。

     最後に、あらためて、犠牲者の皆様のご冥福をお祈りし、心身に傷を負われた方々が1日も早く癒されますよう、お祈り申し上げます。