NEWS
「ひかりの輪」に関する最新ニュースをお届けします。

2016年05月

  • 地域住民の方への話し合いの要望書 (2016年05月14日)

     当団体の教室が所在する全国8か所の地域の中で、唯一抗議デモを行う東京世田谷の住民の一部の方に対して、以下の通り、当団体への誤解を解消し、建設的な話し合いの場を設けていただく要望書を提出しました。

    ---------------------------------
                                                       2016年5月13日

    烏山地域オウム真理教対策住民協議会 御中

                                                            ひかりの輪
                                                               代表 上 祐 史 浩
                                             

                                         要 望 書

     貴会のこれまでのご主張を拝見すると、貴会は当団体に対して、様々な誤解を抱いていらっしゃるものと懸念します。

    そこで、当団体は、誤解を払拭するため、当団体の役員等が出席する説明会等の話し合いを繰り返し提案してまいりました。また、落ち着いた場所で十分な時間を確保するため、双方に都合の良い時間と場所の協議に応じていただきたい旨をお伝えしてまいりました。

    また、それが不可能だとしても、貴会の抗議デモ後の勉強会に、当団体の関係者が出席して、皆さまからのご質問にお答えしたり、必要な説明を行ったりすることもご提案してまいりました。

    しかし、残念ながら、貴会は、そのような機会は一切設けないとされ続けております。

    そして、貴会は、抗議デモの際に、当団体の広報担当者が当団体施設前において貴会の抗議文を受け取るだけの対応を求め、その一方、当団体から貴会へのご説明・ご回答文書については受け取らないとの姿勢を取られ続けています。

    加えて、かねてから申しておりますように、当団体施設前での、一帯の交通を遮断した上での、大音量のマイクを用いた抗議デモの現場では、冷静な話し合いが全く不可能なばかりか、近隣住民の方にもご迷惑をおかけしていると実際にお聞きしております。

    そこで、抗議デモの際には、当団体の広報担当者が、抗議デモ発進の場である区民センター前広場に自ら一人で出向き、抗議文をお受け取りすることを提案いたしましたが、貴会からは「セレモニーであるから」という理由で、拒絶されました。

    やむなく当団体施設前で抗議文をお受け取りするとしても、せめて当団体施設前でのマイクの使用は自粛してほしいとの要望に対しても、同じく「セレモニーであるから」という理由で、お断りされました。

    かつてアレフ信者が100名近く居住していた十数年前であれば、マイクを用いて、居住する信者らに抗議の意思を伝える意味もあったかもしれませんが、現在は、当団体の会員が7名居住するのみであり、しかも当日は地方出張や外部就労で不在となるため、マイク使用は近隣へのご迷惑となるのみであり、遺憾といわざるをえません。

    現在、当団体施設が所在する全国の他地域においては、貴会のような形態での抗議行動は行われておらず、一部の地域においては、住民の皆さまとの間で冷静な話し合いが行われ、当団体への誤解を現に払拭してまいりました。

    このような形態では、多くの方にご迷惑やご負担をおかけするばかりではないかと当団体は考えます。

    最後に重ねて、冷静な話し合いの場を設けることをあらためて要望申し上げます。