NEWS
「ひかりの輪」に関する最新ニュースをお届けします。

間近なイベントのご紹介

10月18日(木)19時新宿ロフト:上祐史浩×鈴木邦男「激論!オウム事件の最終総括と今後の行方、ポスト平成の思想」 ―今だから話せる過去と、今こそ話すべき未来!
(2018年10月08日)

10月18日(木)の夜、新宿ロフトプラスワンにて、上祐史浩が出演させていただきます。

この夏行われたオウム真理教の松本智津夫元死刑囚ら13名の死刑執行後、上祐が関東のトークイベントでお話させていただくことは、初めてとなります。
対談相手は、オウム真理教問題にも詳しい作家の鈴木邦男氏です。
どうぞよろしくお願いいたします。

詳細は、下記、新宿ロフトプラスワンのお知らせを転載いたしますので、
ご確認ください。
チケットのご購入等は、新宿ロフトプラスワンHPよりお申し込みください。

 ------------------------------------------------

「激論!オウム事件の最終総括と今後の行方、ポスト平成の思想」

--今だから話せる過去と、今こそ話すべき未来!

OPEN 18:30 / START 19:30

前売¥2,000/当日¥2,500( 要1オーダー)
前売券はe+より9/8(土)10時〜発売!


上祐史浩(元オウム最高幹部・ひかりの輪代表)

            vs
鈴木邦男(元「一水会」最高顧問・元オウム事件真相究明の会)

松本智津夫元死刑囚らの死刑執行後、東京初の上祐史浩氏のトークイベント
執行前に話題となった元「オウム事件真相究明の会」の鈴木邦男氏が徹底議論!
さあどうなる!?

--上祐氏だからこそ知る

・オウム真理教とその事件、アレフ教団の真実と嘘の全て
・高校大学の後輩の元死刑囚・広瀬健一の遺したオウムを超える鍵
・遺骨を三女ではなく四女に託した麻原の知られざる予告の秘話
・執行後だからこそ話せる、オウム・アレフ・麻原家族の実態
・執行・賠償・著作権の問題でアレフに激変?との極秘情報
・オウム後=ポスト平成の日本の思想・精神世界の行方
・死刑存廃の議論に思うこと:今こそ本当の議論を

--鈴木邦男氏が語る

・オウム死刑執行の重大問題「未だに不可解なサリン事件」
・「オウム真理教真相究明の会」の立ち上げから解散まで
・麻原三女・松本麗華氏、 アレフ・家族側近の荒木浩氏 との交流
・右翼、愛国、オウム、そして、ポスト平成の日本の思想の行方
・死刑存廃の議論に思うこと

◎上祐史浩(じょうゆう ふみひろ)
仏教思想や心理学などを学ぶ思想哲学の学習教室「ひかりの輪」代表。
1962年、福岡県出身。早大大学院理工学研究科修士課程(人工知能を研究)を修了後、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に入団するも、まもなく退職し、オウム真理教に出家。
オウム真理教時代は、弟子の最高位の正大師に昇格し、ダライラマ等の海外の著な宗教者とも繰り返し面会。地下鉄サリン事件発生時にはモスクワに滞在、事件後に帰国し、教団のスポークスマンとなる。偽証罪で逮捕され、出所後「アレフ」代表となるが、アレフ内で麻原批判を展開したためアレフと対立。
麻原・オウム信仰から脱却し2007年にアレフから離脱、「ひかりの輪」を設立、代表に就任。『オウム事件17年目の告白』(扶桑社)、田原総一郎氏との対談『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社) など著書多数。

◎鈴木邦男(すずき くにお)
一水会名誉顧問。1943 年、福島県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。1972 年に新右翼「一水会」を結成し、1999 年まで代表を務める。
新右翼の非合法活動に限界を感じ、以来言論の自由の為に全力を傾けている。幅広い分野の人たちと交流をもち、様々なテーマで執筆活動を続けている。
近著に「新・言論の覚悟」(創出版)、他「夕刻のコペルニクス」「公安警察の手口」「言論の覚悟」など多数。

◎上祐史浩・鈴木邦男の鼎談本に『終わらないオウム』(鹿砦社)

 

<<< 前へ【10月21日(日)東京(都心一般会議室)、20日(土)千葉での上祐代表セミナーのお知らせ】

次へ【10月17日(水)夜、長野にて「上祐代表の悟りの瞑想ヨーガ」ネット講座のお知らせ】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ