NEWS
「ひかりの輪」に関する最新ニュースをお届けします。

講話・講義・巡礼の予定

12月30日からの年末年始セミナー<公開ネット中継>の講義の内容と日程のお知らせ
(2014年12月30日)

12月30日から始まる、ひかりの輪・年末年始セミナーで、直接本部教室にお越しになれない方のために、上祐代表の講話などの一部をユーストリームで公開ネット生中継いたしますので、その詳細をお知らせします。

どなたでもパスワードなしでアクセスできますので、お気軽にご自宅のパソコンなどでご試聴いただけます。

また、講話・講義の後には、チャット形式で、皆さんの質疑応答もお受けしますので、ご関心のある方は、是非ご視聴ください。

fujiA10b.jpg

セミナーの詳しい内容はこちらをご参照ください。

(1)日時

●12月30日(火)
13:00~14:30 上祐代表講話1回目
20:00~21:30 上祐代表講話2回目

●12月31日(水)
12:00~13:30 上祐代表講話3回目
20:00~21:00 上祐代表講話4回目

●1月1日(木)
12:00~13:30 上祐代表講話5回目
19:30~20:30 心理学講義第1部
20:45~22:15 心理学講義第2部(パスワード設定のネット生中継)

●1月2日(金)
12:00~13:30 上祐代表講話6回目


(2)内容

全体的なテーマ

1.苦しみやストレスを解消し、心の幸福・悟りに近づく思想・人生哲学
仏教や心理学をベースにした「輪の思想」とそれを体得する実践法
思考法・瞑想法・身体行法・環境改善・その他のノウハウ
2.心身の健康をもたらし、悟りの土台ともなる「気」の修行法
ヨーガ・気功・仙道といった東洋の叡智の奥儀で、霊性も高めます
3.現世の幸福・自己実現のための思考法・実践法
4.現代の社会や宗教の問題・今後の行方・解決の道筋
5.質疑応答などです

【1】哲学・科学・宗教:人類の叡智を総覧する

1.哲学とは何か、科学とは何か、宗教とは何か
2.知を愛する哲学と信仰の宗教の違い
3.宗教と哲学の融合=宗教哲学とは
4.新しい宗教哲学:理性と感性のバランス
5.科学と非科学の区別とは
6.科学と非科学の境界は不明瞭
7.対極的な宗教と科学は実は似ている:STAP細胞騒動
8.霊性とは何か(スピリチュアリズム)
9.宗教と霊性の違いと類似性
10.バランスのとれた霊性の探求とは
11.信仰対象を超越した聖なる哲学:万物が神仏

【2】「足るを知る」を土台とする智恵と人類愛の思想

1.河野氏の言葉:これまでも何とかなってきたんだし
2.何とかなる程度なのが、人類の常:米ソ冷戦・21世紀現在
3.不自由を常と思えば不足なし:太平の世を気付いた家康の遺訓
4.楽観も悲観もなく:悲観に偏る終末思想の背景に貪りの欲望か
5.旧約聖書の神の約束:すべて滅ぼすことはない。虹の誓い
6.知足と慈悲は不可分である:分かち合い
7.21世紀の日本:多様性の受け入れ=分かち合いの道
8.知足と父性・母性は不可分である=菩提心
9.競争社会の慈悲の道:勝利絶対主義を超えたフェアーな競争
10.エリート意識を超えて菩薩の道へ

【3】山の思想・修験道の実践:体で学ぶもの

1.山の思想=山を仏と見て心身を浄化する
2.聖山登拝による精神的な死と再生
3.山を制覇する西洋と、山を尊ぶ日本の山の思想
4.聖山登拝の身体効果:運動・血流・呼吸
5.聖山登拝とヨガ・仏教の瞑想の類似性
6.聖山登拝と気の浄化・智恵の学び・自然との一体化

【4】「ひかりの輪」が象徴する世界観

1.一元思想:仏教・道教などから
2.万物の関連・同根・循環の思想
3.太陽の光のと七色の虹
4.宇宙と循環:宇宙の運動・生命の根本
5.社会と循環:周期説:歴史は繰り返す
6.占星学の循環思想
7.オウム問題にも5年周期説

これらは、仏教などの東洋思想・哲学、心理学・科学的な見解に基づいたものであり、特定の対象の信仰を勧める宗教ではありません。幸福のための思想・哲学=智恵の講義・講話です。それと同時に、形骸化しわかりにくい仏教経典や心理学の専門書などと違って、現代の皆さんに分かりやすく、仏陀の智恵や心理学のエッセンスを解説します。

この中には、心の幸福・悟りや自己実現のために、仏教などの東洋思想や心理学を含めた東西の思想哲学をベースに、上祐代表・ひかりの輪が独自にまとめ上げた21世紀に生きる現代人のための思想・哲学である「輪の思想」の講義が含まれます。

2.心理学講義:山口指導員と上祐代表

心理学の研究家で、認定ヒプノセラピストの山口雅彦指導員の講義に基づいて、同指導員と上祐代表の対談形式で行われます。
講義の内容は、様々な心の苦しみ・ストレス・人間関係の問題などの解決に役立ち、安定したバランスの取れた広い心を養うために役立つ心理学の思想・理論・具体的な実践法について、一般の方・初心者の方にも分かりやすく解説するものです。

講義の詳細は、変更の可能性がありますが、今の所、第1部が1時間、第2部が1時間半、全体で2時間半ほどのプログラムを予定しています。単に心理学の理論を学ぶだけではなく、それに基づいて、実際に皆さんができる、心や人格の向上に役立つ実践法を解説します。

そして、心理学の理論や、それに基づく心理療法は、同じく心を論理的に探究してきた仏教や道教の思想とも一致する部分が多く、その視点から、普通の心理学講義を超えて、仏教・道教・心理学の東西の叡智を融合させた、深い智恵に基づく講義となると自負しています。

(3)受信方法、質疑応答、その他のご注意

1.アクセスのためのURLは、パスワードなしでhttp://hikarinowa.net/tv/

2.質疑応答は、Ustreamやtwitterのチャット機能を使います。

3.講話中に使用するテキストを、毎日直前にHP上に掲示する予定ですのでご利用ください。

4.上記の講話の開始時間5分前に、担当者が、上記テキストの件と質疑応答の仕方に関する説明を行いますので、講話開始より5分少々前に、余裕を持って中継接続していただくようお願いいたします。

5.各講話の時間は、1時間~1時間半ほどになる予定です。

(4)本部教室での直接参加のおすすめ

講話に初めて参加される方には、特典として、初回参加料が、割引価格の1000円となり、過去の特別教本などを無料で贈呈いたします。

また、講話に加えて、講話の後には、代表らとの個人的な面談や相談の機会も設けております。

参加ご希望の方は、事前に、講話を開催する教室までご連絡ください(下記連絡先まで)。

また、これらの講義の一部は、公開ネット生中継され、どなたでも、自宅のパソコンで、ご視聴いただけます。

参加をご希望される方は、下記の連絡先までお問合わせをお願いいたします。

◎東京本部教室
担当:細川美香
担当者携帯電話:080-2273-3588
メールアドレス:tokyo@hikarinowa.net

 

<<< 前へ【1月17日(土)横浜連絡所、18日(日)福岡支部教室(無料ネット公開中継あり)での上祐代表講話会のお知らせ】

次へ【『2015年1月3日~4日:冬の戸隠・小諸・浅間山:純白の神聖世界で初詣』 聖地巡りのお知らせ】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ