NEWS
「ひかりの輪」に関する最新ニュースをお届けします。

間近なイベントのご紹介

9月9日(日)仙台にて、国際的権威の教授が指導する内省法「内観」セミナーのご案内
(2018年07月24日)

酷暑が続いております、くれぐれもお体にはお気をつけください。


さて、9月9日(日)に、仙台にて行われる内観セミナーのお知らせです。

ひかりの輪では、内観の国際的な権威の大学教授の方の指導の下で行なう「内観セミナー」が、各教室で定期的に行われています(基本的に一日内観)。



本来、内観は1週間集中して実践するのが望ましいのですが(「集中内観」といいます)、時間がない方のために、まずは皮切りとして1日だけ実践する「1日内観」という方法があります。



「ひかりの輪」の「内観セミナー」では、丸1日行なう「1日内観」を行っています。



詳しくは、http://www.joyu.jp/hikarinowa/naikan/51/01032015201512162.htmlをご覧ください。





◆内観の効果



内観は、どなたでも簡単に実践することのできる、感謝の心を培う方法です。

参加された多くの方が、「参加して本当によかった」というご感想を持ってお帰りになります。



「長年恨んでいた親が、実は多大な愛情を持って育ててくれたことを知り、

申し訳なさに涙が止まらなくなった」



「親が生きている内に気付くことができてよかった」



「恨んでいた亡くなった親への気持ちを整理することができ、やっと前向きになれた」



「長年嫌いだった人に感謝することができ、心が楽になった」



などなど、数十年来の感情から解放されるなど、画期的な人生の変化を経験される方も多くいらっしゃります。





◆内観の実践方法



その方法は、至って簡単で、内観専門家の指導のもと、自分がこれまでの生涯で、両親・親族・友人知人に、



① 他人から、していただいたこと

② 他人に、して返したこと

③ 他人に、迷惑をかけたこと



を1つ1つ思い出していくという作業のみを、丸1日~1週間ほど集中して行なうというものです。



内観の良さは、感謝の心=愛が深まり、幸福感が増し、心が安定することです。

また、感謝の心が深まれば、人間関係も改善します。



そして、その延長上には、仏教が説く悟り、心の解放、慈悲の体得の土台にもなります。



しかし、現代の日本では、親を尊敬する子供は、半数に満たないという意識調査もあり、いろいろな面において、人のこことは、感謝よりも不満の心が生じやすくなっています。



こうした状況の中で、感謝の心を深める内観は、非常に重要と思います。



親などの愛を認識し、感謝が深まれば、健全な形で、自分の価値=自尊心を形成できます。

すなわち、自己と他者の双方に対する愛を育むことができるのです。



この貴重な機会を是非ご活用下さい。





◆日程



2018年9月9日(日)午前10時~仙台支部教室



※参加時間につきましては、ご相談に応じます。できるだけ長い時間にわたって内観に取り組んだ方が、効果が上がります。





◆参加費



10000円(お支払いに困難な事情がある方は、減額等のご相談に応じさせていただきます)





◆お気軽にご参加ください



本セミナーでは、もちろん、ひかりの輪への入会勧誘等は一切行っていません。参加費お支払い以外の義務も一切ありません。



ひかりの輪は、入会しなくても学ぶことができ、各種セミナーの参加者の半数は、会員ではない一般の方です。



今回も、できるだけ多くの一般の方に内観を実践していただきたく、この機会を設けさせていただきました





◆お問い合わせ先




セミナーは、会員・一般の方を問わず、どなたでもご参加いただけます。

参加ご希望の方は、下記までお問い合わせください。





●仙台支部教室(東北地区) 担当:細川美香

住所:宮城県仙台市宮城野区東仙台5丁目-30-23

担当者携帯電話:080-2273-3588

メールアドレス:sendai@hikarinowa.net

仙台・ブログご紹介ページ(写真・地図あり)







<<< 前へ【麻原死刑囚等の死刑執行について(2018年7月6日)】

次へ【本日の6人のオウム事件死刑囚の死刑執行について】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ