NEWS
「ひかりの輪」に関する最新ニュースをお届けします。

間近なイベントのご紹介

10月18日(水)20:30~心理学講義『セルフ・コンパッション(自分への慈悲) ~自信を獲得する~ 第2回』(ネット中継・自宅視聴も可)のご案内
(2017年09月29日)

  ひかりの輪では、毎月1回及び、年末年始セミナー、GWセミナー、夏期セミナーの 大型セミナーで心理学講義を行っています。

心理学の研究家で、認定ヒプノセラピストの山口雅彦指導員の講義に基づいて、同指導員と上祐代表との対談形式で行われます。毎回、1つの心理学理論、心理療法を選んで行われます。

   

1.日程

   10月18日(水)20:30~

2.テーマ

「セルフ・コンパッション(自分への慈悲) ~自信を獲得する~ 第2回」

欧米では、ここ数十年、認知行動療法が心理療法の主な潮流となっています。認知療法の基礎を築いたのはアーロン・ベックです。 認知療法の基本的前提は、出来事に対する認知(思考)が感情を生じさせるというものです。
自己否定、自信のなさ、卑屈に対処する方法として、認知行動療法の流れのなかからコンパッション・フォーカスト・セラピー(CFT)という療法がでてきました。イギリスのポール・ギルバート教授が開発しました。コンパッション・フォーカスト・セラピー(CFT)は「セルフ・コンパッション」という言葉をキーワードとして理論を展開しています。コンパッションとは慈悲という意味で、コンパッション・フォーカスト・セラピーとは、「慈悲に焦点を当てた療法」とでも訳せ、「セルフ・コンパッション」とは、「自分に対する慈悲」ということになります。
「コンパッション」という言葉は、CFTでは、単なる「優しさ」「思いやり」という意味にとどまらず、自分の苦悩や課題に対して前向きに立ち向かおうという積極的に対処するという意味が含まれています。
抑うつや不安に悩む人の多くが、自己否定、自信のなさ、卑屈を抱えています。CFTはそのような人が卑屈を越え自信を身につけていける方法として「セルフ・コンパッション」という方法を提供します。
自分に価値を感じない、自信がない、卑屈であるということは、物事をうまく行うことに、また、ウェル・ビーイング(身体的、精神的、社会的に良好な状態)にも大きな影響があります。そして、自分や他人に慈悲を向けることが、自分の価値を感じ、ウェル・ビーイングの感覚を高めることが科学的研究でも立証されています。自分に対して慈悲の心を向ける頻度が多いほど、より幸せになり、困難に直面したときに立ち直りが早いということです。他人を手助けし、慈悲の心を向けることでウェル・ビーイングが促進されます。
CFTは、自己否定し、自己価値を損なう自己批判の問題に対して、セルフ・コンパッションを通して自信をつけることを目標とします。

今回は、セルフ・コンパッションの第2回目の講義です。

◆講義の内容
1.セルフ・コンパッションを阻むもの
2.慈悲の準備 マインドフルネス
3.慈悲の心を培い方
4.自分を傷つける考え方に対する慈悲の考え方

※講義は、東京本部教室、名古屋支部教室での会場で直接参加、および、他の各教室でのネットのご視聴に加え、ご自宅でも、ネット中継でご視聴いただけます。 


3.ネット視聴方法・料金

一講義につき、2千円です。※講義のテキスト付

指定する口座にご入金いただいた後、こちらから視聴URLとパスワードをメールでお送りするしくみです。なお、すでに終わった講義は、録画でご視聴することもできます。

視聴を希望される方は、口座番号をお送りしますので、以下までご連絡ください。

東京教室/東京・埼玉地区)担当:細川美香
住所:東京都世田谷区南烏山6-30-19 GSハイム烏山201
担当者携帯電話:080-2273-3588
メールアドレス:tokyo@hikarinowa.net

または、各支部教室でもご連絡をお受け付けしています。


>>過去の心理学講義のいくつか動画でご覧になれます。>>>こちらから
>>過去の心理学講義の教本の一部を紹介しています。>>>こちらから

 

<<< 前へ【10月20日(金)夜・上祐史浩×西道弘×大田俊寛×三浦小太郎(司会:小川寛大) 「国家と宗教はなぜ暴走するのか」に出演します】

次へ【10月28日(土)千葉、10月29日(日)東京都内一般会議室(無料公開ネット中継あり)での上祐代表の仏教・心理学セミナーのお知らせ】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ