NEWS
「ひかりの輪」に関する最新ニュースをお届けします。

間近なイベントのご紹介

7月19日(水)20:30~心理学講義『チベット死者の書とユング心理学』(ネット中継・自宅視聴も可)のご案内
(2017年07月15日)

  ひかりの輪では、毎月1回及び、年末年始セミナー、GWセミナー、夏期セミナーの 大型セミナーで心理学講義を行っています。

心理学の研究家で、認定ヒプノセラピストの山口雅彦指導員の講義に基づいて、同指導員と上祐代表との対談形式で行われます。毎回、1つの心理学理論、心理療法を選んで行われます。

   

1.日程

   7月19日(水)20:30~

2.テーマ

「死生学  ~ 死への備え・恐怖を取り除く~」

多くの人が、死に対する不安・恐怖を抱いています。その不安・恐怖の原因は複数ありますが、死生学の権威であるキューブラロス博士などの医学者によれば、死に至るプロセスの肉体的な苦痛もありますが、執着する自分・自分のものが無くなってしまうことへの恐怖があるようです。そして、良く考えて見るならば、不安があるのに、これまで死について、ほとんど何も学んだことがないという事実も不安の一因でしょう。

そして、死を学ぶことは、生き方を学び考えることでもあります。

2~3回のシリーズで、講義を行います。

◆講義の内容

(1)死に関して学ぶ目的
1.死への不安・恐怖を取り除く。
2.死は誰にとっても他人事ではない
3.死は遠い先の事として学びを先送りしない方がいい
4.死後の世界・転生の可能性は、客観的・科学的に調べる価値がある
5.死を学び考えることは、生き方を学び考えることに繋がる

(2)死生学・死への備えのための学習
1)キューブラーロス博士の取り組みの学習

2)生まれ変わり・転生の可能性の探求
1.死後の世界の科学的な研究
1.過去世の記憶している子どもたち(イアンスティーブンソン)
2.臨死体験による研究
3.退行催眠による研究(前世療法:ヒプノセラピー)
4.識者の見解:

2.仏教の死生観
1.チベットの死者の書と、心理学的な見解との一致
2.日本・大乗仏教の浄土教・往生要集の教え

3.他の宗教の死生観
1.キリスト教の死生観
2.イスラム教の死生観
3.エジプトの死者の書
4.日本人の死生観(日本人独自のものとして)

(3)死の疑似体験:自分で探る死後や転生の可能性

(4)死への具体的な備え
1)学び自体による肯定的な効果
2)普遍的な思想に基づいた、来世の可能性に対する対処・人生哲学
3)死への恐れ・不安を取り除く瞑想・実践

 

   この心理学講義では、単に心理学の理論を学ぶだけではなく、それに基づいて、実際に皆さんができる、心や人格の向上に役立つ実践法を解説します。また、心理学の理論や、それに基づく心理療法は、同じく心を論理的に探究してきた仏教や道教の思想とも一致する部分が多く、その視点から、普通の心理学講義を超えて、仏教・道教・心理学の東西の叡智を融合させた、深い智恵に基づく講義となると自負しています。

 

※講義は、東京本部教室、名古屋支部教室での会場で直接参加、および、他の各教室でのネットのご視聴に加え、ご自宅でも、ネット中継でご視聴いただけます。 


3.ネット視聴方法・料金

一講義につき、2千円です。※講義のテキスト付

指定する口座にご入金いただいた後、こちらから視聴URLとパスワードをメールでお送りするしくみです。なお、すでに終わった講義は、録画でご視聴することもできます。

視聴を希望される方は、口座番号をお送りしますので、以下までご連絡ください。

東京教室/東京・埼玉地区)担当:細川美香
住所:東京都世田谷区南烏山6-30-19 GSハイム烏山201
担当者携帯電話:080-2273-3588
メールアドレス:tokyo@hikarinowa.net

または、各支部教室でもご連絡をお受け付けしています。


>>過去の心理学講義のいくつか動画でご覧になれます。>>>こちらから
>>過去の心理学講義の教本の一部を紹介しています。>>>こちらから

 

<<< 前へ【7月27日(木)岡山上祐代表ネット勉強会のお知らせ】

次へ【8月19日(土)20日(日)名古屋・大阪教室 夏期セミナーのお知らせ】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ