NEWS
「ひかりの輪」に関する最新ニュースをお届けします。

出演・出版の予定

7月19日(木)【宮台真司×上祐史浩】 徹底討論イベント開催!「宗教者もまた『言葉の自動機械』に陥りがちである」in東京・代官山
(2018年07月07日)

7月19日(木)の夜、代官山ライブハウス「晴れたら空に豆まいて」にて、社会学者の宮台真司氏と、上祐史浩のトークイベントが開催されることになりました。

  (昨日の麻原の死刑執行に関連して、宮台真司氏のインタビュー記事が朝日新聞に掲載されています。)

宮台氏と上祐は、2ヶ月前の4月28日に、

「麻原死刑執行・大討論会!
--極秘証拠から見えてくる真実!詐病か心神喪失か?
  麻原・オウムの公安調査庁内部裁判資料・
  麻原の獄中メッセージ大公開!」


というテーマで対談しましたが、7月6日の麻原の死刑執行を経て、今回は、以下のテーマでの対談となります。

宗教者もまた「言葉の自動機械」に陥りがちである」

先鋭の論客・宮台氏と、上祐の、現代人を苦しめる言葉の恐るべき罠と、それを突破する術を徹底探究するスーパー討論!ぜひお見逃しなく!

以下、晴れたら空に豆まいてHPより転載してご紹介いたします。

--------------------------------------------
2018.7.19.木.

宗教者もまた「言葉の自動機械」に陥りがちである

-

上祐史浩 x 宮台真司

-

宮台真司氏より、

<法(きまり)の奴隷><言葉の自動機械><損得による忖度>といった宗教者でさえ逃れられない<似非コミュニケーション>を逃れる道はあるのか? 徹底した討議を企てる。

グローバル化&ネット化がもたらした共同体(仲間)の空洞化によって、「損得勘定」を超えた「内発性(良心)」が枯渇し、右翼か左翼か、宗教か世俗かを問わず、不安を背景とした神経症的な<法の奴隷>&<言葉の自動機械>が社会を覆い尽くす。それを前提に、政治家集団・役人集団・宗教者集団の別なく、「座席を失うのではないか」という不安をベースにした神経症的な<損得による忖度>も蔓延している。

内容に意味がありそうに見えて実際のところ不安の穴埋めに役立てば内容はどうでもいいという類の<似非(えせ)コミュニケーション>が溢れているのだ。

安倍批判もよいが、安倍は「原因ではなく結果」であり、原因はあくまで<似非コミュニケーション>にある。宗教者でさえ逃れられない<似非コミュニケーション>から逃れる術(すべ)はあるのか。

立場を超えて徹底した討議を企てる。

-


上祐史浩氏より、

宗教を含め現代社会に溢れる言葉の罠による様々な錯覚・呪縛・苦しみ。言葉の奴隷にならず幸福になる術智恵とは。

人は自分たちが使う「言葉」と「思考」を疑うことがなく盲信し、特に宗教は、言葉の産業で、「信」とは、人と言葉と書く。

しかし、習慣化された言葉や思考は様々な錯覚・妄想が含まれ、物の見方・心を歪め、膨大な言葉が頭の中に溢れる現代、人を奴隷にし、いくら考えて悩みは尽きず疲弊感が強い。

この自動思考の奴隷にならずに脱出することは、眼から鱗が落ちる、幸福の根本的な秘訣。その具体的な術・ノウハウ・智恵もご紹介します。

-

開 18:30 演 19:30・前 3000 当 3500 +1D 600

-

■ ご入場は整理番号順

■ 要別途1ドリンク代金

-

メールでのご予約

電話でのご予約

宮台真司:

首都大学東京人文社会学部教授。社会学者。映画批評家。1959年仙台市生まれ、京都市育ち。東京大学大学院博士課程で社会学博士学位取得。博士論文『権力の予期理論』(勁草書房1989)。麻布高校では前川喜平前文科次官の4年後輩。東京大学助手・東京外大講師・東京都立大学助教授を経て、現職。権力論・国家論・外交論・文化論・宗教論・性愛論・若者論・教育論・家族論などの各分野で単著20数冊、共著100冊以上。1995年よりTBSラジオ荒川強啓デイキャッチ、 2001年より日本ビデオニュースのマル激トーク・オンデマンドの、レギュラーコメンテーター。著作に初期三部作『サブカルチャー神話解体』『制服少女たちの選択』『終わりなき日常を生きろ』。映画批評集『絶望・断念・福音・映画』『世界はそもそもデタラメである』『正義から享楽へ』。ワークショップを元にした『希望の恋愛学』『ウンコのおじさん』。他多数。

-

上祐史浩:

仏教思想や心理学などを学ぶ思想哲学の学習教室「ひかりの輪」代表。1962年、福岡県出身。早大大学院理工学研究科修士課程(人工知能を研究)を修了後、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に入団するも、まもなく退職し、オウム真理教に出家。弟子の最高位の正大師に昇格し、ダライラマ等の海外の著な宗教者とも繰り返し面会。地下鉄サリン事件発生時にはモスクワに滞在、事件後に帰国し、教団のスポークスマンとなる。偽証罪で逮捕され、出所後「アレフ」代表となるが、アレフ内で麻原批判を展開したためアレフと対立。麻原・オウム信仰から脱却し2007年にアレフから離脱、「ひかりの輪」を設立、代表に就任。『オウム事件 17年目の告白』(扶桑社)、鼎談『終わらないオウム』(鹿砦社)、田原総一郎氏との対談『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社) など著書多数。

-

晴れたら空に豆まいてのお食事・お飲物についてはこちら

-

※ご予約後のキャンセル、お支払い済みのチケットの返金は承っておりません。

※ All sales are final and there are no refunds or exchanges available for tickets purchased.

--------------------------------------------

ぜひお見逃しなく!!

<<< 前へ【麻原死刑囚等の死刑執行について(2018年7月6日)】

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ