イベント予定
「ひかりの輪」のセミナー・イベントのスケジュールをお知らせします。

出演の予定

5月27日18時【トークイベント】赤坂真理×上祐史浩「家族では足りない時代の、新しい生き方(会場と配信あり)」
(2021年05月27日)

トークイベントのお知らせです。

赤坂真理×上祐史浩

【家族では足りない時代の、新しい生き方】


作家の赤坂真理さんと、上祐史浩のトークイベントです。

コロナ禍の今、浮き彫りになってきている孤独の問題。

ぜひどうぞご視聴ください。

会場とオンライン配信(一週間視聴つき)
があります。

チケットはhttps://www.loft-prj.co.jp/schedule/broadcast/177767



お店のイベント案内文は以下です。
 

https://www.loft-prj.co.jp/schedule/broadcast/177767

文:赤坂真理
 

ひかりの輪、は、わたしが対話を続けている人たちで、オウム真理教から離れてオウムの贖罪をしながら、ヨガや呼吸法やふるい聖地巡礼といった、よく生きるための技術を探求し分かち合うことを仕事としている。

 
オウム真理教はもう終わったこととされているが「終わったことにしたこと」がいちばんこわい。
今、たった独りで、もっと簡単な方法で、オウムが殺した総数よりも多くいっぺんに殺傷する人がたくさん出ているのを、どう説明したらいいというのだろう?

 
誰にでも罪を犯す可能性はある。
人間は基本的に感情や思考の暴走を自分では止められない。
そうである限り、誰にでも人を殺してしまうほどの潜在力はある。
「縁がないから誰も殺さないだけで縁をもよおせば何人でも殺すことができる」と言ったのは親鸞上人だ。

 
また、他者に支配されていしまうことは、誰にでも一度は二度はある。
それは悪いことというよりは、ある意味人間の野放しの自然である。
ただ、そこに理由はあるから、考えたい。

 
ひかりの輪を、別の見方をすると「あるとき信じた価値をすべて失った人たち」ということもできる。
「悪いことを信じたから悪い」というのではない。
誰にでもそれはありうるのだ。
どうして最初から悪いとわかる?

 
そしてそこからも人は生きていく。
どう生きていけるのかは、本当に極限状態まで行った人だけが知る。
そういう人だけが、命をかけて探す。
その知恵が、今、混迷の時代を生きるのに、助けになると思った。

 
明日もあると思ったものはなくなり、今日さえ見えなくなる。
今日をやりすごせなくて、死ぬしかないと思ったりする。
独りきりで、誰もいないと思ったりする。

 
外とのつながりが持ちにくいとき、「家族」というのが、必ずしも、安全でないかもしれない。
その例はすでに噴出している。

 
だから、別の生き方を命がけで探してきた人に、話をきいてみたい。
それは多くの人の助けになるはずだ。
そういう直観がある。



チケット https://www.loft-prj.co.jp/schedule/broadcast/177767

<<< 前へ【7月の東京教室での仏教・ヨーガ・心理学勉強会のお知らせ】

次へ【「宗教思想総論」講座のお知らせ(次回6月30日予定)】 >>>

ひかりの輪
 👆参加ご希望の方はこちら
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
テーマ別動画
テーマ別の動画サイトです
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ