イベント予定
「ひかりの輪」のセミナー・イベントのスケジュールをお知らせします。

出演の予定

7月12日(金)門田隆将×上祐史浩「オウム事件とは何だったのか~狂気に走った教団と、怠慢という名の警察の罪~」in新宿:予約受付中
(2019年07月12日)

7月12日(金)新宿ロフトプラスワンで、 ノンフィクション作家・門田隆将氏と、平成を振り返りながら、オウム真理教の総括・回顧し、令和を展望するトークイベントを開催します。

ロフトプラスワンのHPのお知らせ・前売りチケット購入などはこちらhttps://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/118504

昨年7月の麻原らの死刑執行から1年の節目の時に、オウム真理教の狂気と警察の問題を取材し、井上嘉浩らオウム死刑囚の驚愕の事実を明らかにした門田氏と、今だ知られざるオウム事件の裏表を明らかにしたいと思います。(上祐より)

下記はロフトプラスワンのHPの告知のコピーです。 --------------------------------------------------------------------------

門田隆将×上祐史浩
「オウム事件とは何だったのか
~狂気に走った教団と、怠慢という名の警察の罪~」

OPEN 18:30 / START 19:30 前売¥2,000/当日¥2,500( 要1オーダー) 前売券はe+より5/19(日)12時〜発売!

【出演】門田隆将、上祐史浩

オウム事件の死刑囚13名が、相次いで死刑執行されてから一年。

オウム真理教の狂気と警察の罪を、元死刑囚・井上嘉浩が遺した5000枚の手記と幅広い調査から驚愕の事実を浮き彫りにした、ノンフィクション作家の門田隆将。

そして、事件当時、その狂気の教団の渦中にいながら、生き残り、新たな道を歩む上祐史浩。

それぞれの立場から、オウム事件とは何だったのかを問い直す
時代の節目に、避けることのできない激論が実現!

さらに、オウム関係の最新情報:アレフに10億円超の仮執行付きの賠償命令の判決が下る!平成の終わりの死刑執行に続き、令和に進むオウムの清算の行方とは?


門田隆将(かどた・りゅうしょう)
1983年、中央大学法学部卒。作家・ジャーナリスト。高知県生まれ。「毅然と生きた日本人像」をテーマに、幅広い分野で著作を発表。『甲子園への遺言~伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯~』(講談社文庫)、『なぜ君は絶望と闘えたのか~本村洋の3300日~』(新潮文庫)、『死の淵を見た男~吉田昌郎と福島第一原発~』(角川文庫)、『太平洋戦争 最後の証言』シリーズ(小学館)等、ベストセラー多数。『この命、義に捧ぐ~台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡~』(角川文庫)で第19回山本七平賞受賞。最新刊は、死刑囚・井上嘉浩の獄中記5千枚をもとに描いた『オウム死刑囚 魂の遍歴』(PHP研究所)。

上祐 史浩
仏教思想や心理学などを学ぶ思想哲学の学習教室「ひかりの輪」代表。
1962年、福岡県出身。早大大学院理工学研究科修士課程(人工知能を研究)を修了後、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に入団するも、まもなく退職し、オウム真理教に出家。弟子の最高位の正大師に昇格し、ダライラマ等の海外の著名な宗教者とも繰り返し面会。地下鉄サリン事件発生時にはモスクワに滞在、事件後に帰国し、教団のスポークスマンとなる。偽証罪で逮捕され、出所後「アレフ」代表となるが、麻原・オウム信仰から脱却し、2007年に脱会し、「ひかりの輪」を設立、代表に就任。『オウム事件17年目の告白』(扶桑社)、鼎談『終わらないオウム』(鹿砦社)、田原総一郎氏との対談『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社) など著書多数

<<< 前へ【7月13日(土)~15日(月・祝) 名古屋教室・大阪教室特別セミナーのお知らせ】

ひかりの輪
 👆参加ご希望の方はこちら
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪YouTubeチャンネル
テーマ別動画
テーマ別の動画サイトです
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ