NEWS
「ひかりの輪」に関する最新ニュースをお届けします。

社会的取り組み

松本サリン事件から19年目を迎えて
(2013年06月27日)

                              ひ か り の 輪
                               元オウム信者一同

 麻原彰晃を首謀者とするオウム真理教幹部らの手による松本サリン事件(1994年6月27日)が発生して、本日で19年目を迎えました。

 犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、心身に傷を負われた方々、そしてご遺族の方々に対して、あらためて深くお詫び申しあげます。

 ひかりの輪会員のうち、事件当時オウム真理教に所属していた者は、たとえ事件に関与していなかったとはいえ、事件を起こすに至った教団を物心両面で支えていたという点において、道義的・宗教的責任は免れないと考えています。
 その反省をもとに、事件への総括を深め、さまざまな機会を通じて、二度と同様の事件を発生させないための教訓を社会に残す活動に努め、せめてもの償いとさせていただきたいと考えています。

 さらに、オウム真理教犯罪被害者支援機構との間で締結した賠償金のお支払いにも努めさせていただくことをお誓いいたします。

 当団体では、事件で亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、心身に傷を負われた方々が一日も早く癒されるようお祈りするとともに、被害者賠償金をご提供させていただく儀式(慰霊儀式)を3カ月に一度、全国各支部で執り行っております。本日も、この儀式を行い、元オウム信者の会員をはじめとする会員一同が、あらためて被害者の皆さまへの祈りを捧げ、償いの気持ちを培わせていただきたいと思います。

 最後に重ねて、被害を受けられた全ての方々に対して、心からお詫びを申しあげます。

<<< 前へ【「宗形真紀子のBlog――小諸のスケッチ」ブログ始めました。】

次へ【 6/17 上祐史浩・対談新著『終わらないオウム』発売報告ライブレポート】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ