NEWS
「ひかりの輪」に関する最新ニュースをお届けします。

社会的取り組み

上祐代表の新著『終わらないオウム』(鹿砦社)が5/30発売開始
(2013年05月30日)

上祐代表の新著『終わらないオウム』が、鹿砦社(ろくさいしゃ)から、本日(5月30日(木))全国書店で発売開始されました。

※鹿砦社の購入ページ
※楽天ブックスの購入ページ
※アマゾンの購入ページ

内容は、上祐代表と、元オウム幹部・村井秀夫を殺害し上祐の命をも狙っていたという徐裕行氏と、両者をよく知る鈴木邦男氏(新右翼団体「一水会」最高顧問)との3名による鼎談、対談によって構成されています。

「村井刺殺事件」現場の状況と真相、それぞれが「加害者」として生きていくことの意味、「連合赤軍」~"オウム以降"の「ネット右翼、在特会」といった、20年周期で発生する「オウム」的なもの=日本の暗部に、どう立ち向かうべきかというテーマ等について、熱い対談が繰り広げられています。

※鼎談者・共著者である鈴木邦男さんのサイトの紹介ページ「『終わらないオウム』の衝撃。そして戦慄」

麻原彰晃とも対峙した経験があるジャーナリスト・田原総一朗氏による解説も寄せられています。

その他の内容の詳細については、上祐代表のブログをご覧下さい。



 『終わらないオウム』(鹿砦社)
サイズ 四六判/256ページ/上製/カバー装
著者 上祐史浩 鈴木邦男 徐裕行
解説 田原総一朗
定価 1575円(本体1500円+税)

<<< 前へ【フジテレビによる「ひかりの輪が資産過少申告」との誤報について】

次へ【『未解決事件 オウム真理教秘録』(文藝春秋社)出版にご協力しました】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ