書籍・対談・取材
ひかりの輪の指導員の書籍/対談や講演/お受けした取材などをご紹介

スタッフの著作(またはご協力した著作)

宗形真紀子『二十歳からの20年間――“オウムの青春”の魔境を超えて』(三五館)

 2010年2月24日発売

苦しみを作ったのは私、苦しみから脱け出すのも私...。

20歳の時にオウム真理教に出家、2007年に脱会した元オウム信者である著者が、自らの精神と深く向き合った心性ノンフィクション。

二十歳からの20年間--それはまさに、精神の変遷の歴史。

幼少より感受性が強く心の扱いに悩んでいた少女は、二十歳のとき、
「救われたい・生きる意味を知りたい」という一心で、
すべてを捨ててオウムに出家します。

しかし、少女の運命はオウムによって翻弄され、
1995年、ついに地下鉄サリン事件が起こるのです--。

→ こちらAmazonで購入できます。

(以下、三五館書籍紹介ページより転載)

◎魔境という名の青春

少女を待っていたのは、オウム特有の「グルイズム」(=麻原絶対主義)と「マハームドラー」(=与えられた試練を超える修行)でした。

薬物人体実験をはじめとする数々の無理難題について、「おかしい」と思う一方で、「帰依を続けなければ」と考える精神の葛藤が痛々しいまでに描き出されます。

そして、地下鉄サリン事件--身に覚えのない容疑での自身の逮捕に至ってもなお、彼女はオウムと決別できないまま、8年もの年月を過ごします。

しかし、日本各地の聖地を巡り、自然に回帰することによって、「憑き物が落ちる瞬間」を体験、苦しみを作り出したのも、その苦しみから抜け出していくの も、自分の心なのだという当たり前の結論にたどり着いたのです(2007年にアレフ脱会)。

自らの精神と深く向き合ったことで書くことが可能となった「心性ノンフィクション」といえます。

◎目次

以下に、細かな目次を載せました。
内容がおおよそわかるようになっています。
ぜひ、書籍をお手にとっていただき、実態を知っていただけたらと切に願います。


はじめに

第一章 霊的体験と、生きることへの悩み
--二十歳でオウムに入った背景(一九六八~一九八九)

打ち砕かれた、傲慢な思い込み
三歳までの心の衝撃
自然の中ですごした幼少期
「わたしは悪い心を持った人だ」
14歳--霊体験での苦しみ
16歳--受け入れられなかった父の死
演技の限界--ノイローゼ・登校拒否と自殺衝動
自殺を救った「湧き起こる強い思い」
翁のような導師を求めて上京する
カフェバーと初めての宗教
女霊能者の先祖供養と人助け
演技のいらない初めての友だち「うめちゃん」
三日三晩連続した夢体験とオウムとの出合い
「自我肥大」という大きな落とし穴
オウム入信と、夢と現実のシンクロニシティ
「神の祝福」体験は、じつは煉獄だった
八八年、オウム真理教への入信
斬新だった初めて知る仏教の教え
「修行に行くから、成人式には出られない」
麻原との初対面と、オウム的思考のはじまり
地球の救済のために出家を決意する
ある神秘体験
グルを切望した理由と、既存仏教への幻滅
傲慢な思い込みにより母を苦しめてきたわたし
八八年から存在していた「救済」の裏の麻原の「野心」


第二章 私を縛り付けていた何か
--サリン事件までの出家生活(一九八九~一九九五)

出家してすぐのリアルな夢
マハームドラーととらえてしまった選挙活動
「グルからの特別扱い」に浮かれ、どんどんおかしくなり始める
最後の呪縛となったグルイズムとマハームドラー
信者と外部の両方に向けられた、麻原と教団の嘘
選挙は本気だったらしいと知る
麻原の陰謀論(被害妄想)と殺人の関係
「ヴァジラヤーナ」という名の大量殺戮の準備がはじまる
「修行の早道」のため、麻原の指示に従おうとする心理
布教の成功を誇らしく思っていた時期
先輩弟子たちとのかかわり
麻原のポアの決意と神格化により、過激に変貌した教団
選民思想の増大と神格化の加速
毒ガスを作りながら「毒ガス攻撃を受けている」との主張がはじまる
麻原による女性信者への支配構造
手段から目的に変貌してしまった「麻原グルイズム」
薬物人体実験を受け入れる
麻原のクローンを作るための究極装置
神秘体験を重視した過ち
麻原に褒められること=修行の目的と成り代わる
薬物(LSD)と温熱修行による成就認定
終末思想や陰謀論と、麻原グルイズムの加速
麻原と合一する観想による、人格破壊の危険性
釈迦牟尼の教えに反し「自己」でなく「グル」が帰依処となる
地下鉄サリン事件直前の、ヴァジラヤーナのお食事会


第三章 絶え間ない葛藤と現実逃避
--地下鉄サリン事件後の五年間(一九九五~二〇〇〇)

地下鉄サリン事件と強制捜査を陰謀ととらえる
誇らしいと思いこんだ逮捕
親しかった幹部の逮捕や自供
「教祖逮捕」を予言の成就ととらえる
坂本弁護士一家の遺体発掘の衝撃
「地獄に堕ちる」という脅し
それでも、退廃的な教団に戻る
「後継者・麻原家三女」への懇願の手紙
秘密の麻原からの獄中メッセージ
麻原初公判と公判傍聴席での不謹慎な修行
破防法弁明手続き意見陳述の改ざん
麻原家三女と自己の神格化
麻原の息子の幼児二人による「猊下体制」
観念崩壊セミナー
「グルの指示」を断れない背景にあるもの
麻原家三女の神格化の過ち
麻原の不規則発言はじまる
教団内外での対立の激化
「一九九九年ハルマゲドン」の予言が外れる
オウム崩壊寸前


第四章 魔境に気づく
--オウム脱会まで(二〇〇一~二〇〇七)

上祐から聞いた告白
新たなアレフ体制が始まる
忘れていた、心の教え
ヴィジョンに基づく「妄想」
ヴィジョンに基づく妄想から来る魔境
自己の潜在的な欲求を投影した、夢によるヴィジョン
自己の潜在的な欲求を投影した「霊的ヴィジョン」の誘惑
ヴィジョンに基づく妄想による破綻--麻原の場合
久しぶりに自然の中へ行き、珍しい虹と出合う
ヴィジョンに基づく妄想を現実に当てはめ出す
日本の聖地に通い始める
ヴィジョンに基づく妄想による破綻--わたしの場合
突然の、教団活動からの排除
虹体験とともに魔境に気づく
神のような虹に導かれていたと気づく
夢の続き--夢と現実のシンクロニシティ
オウム事件の原因である魔境に気づく
さまざまな本から教えられる
事件に関する勉強会と、オウム批判本
オウムで「外道」とされた日本の聖地に導かれる
たくさんの人に助けられる
アレフ信者の上祐への反発の理由
教団改革の続行
オウム・アレフからの脱会


エピローグ --魔境が教えてくれたこと

オウムの総括作業が教えてくれたこと
水の神に助けられる
病気が教えてくれたこと
憑きものが落ちる瞬間
霊や魔物の体験を作り出しているもの
神の体験を作り出しているもの
麻原彰晃とわたしの魔境
内観による自分自身との同調
いままでとこれから
二〇年間の空白と誓い


■著者について
    
 宗形真紀子(むなかた・まきこ)

1968年、静岡県生まれ。感受性ゆえか、幼少期から心の扱いに悩んでいた少女は、
20歳のときオウム真理教に入信。
地下鉄サリン事件後に身に覚えのない容疑で逮捕されるなど、事件の渦中に巻き込まれる。
その後、自らの心と深く向き合う作業による精神の変遷を経て、
2007年、アレフ(オウム真理教の後継団体)を脱会。
幼いころに育まれた大自然に回帰しつつ、執筆・表現活動を行なっている。

munakatamaki@gmail.com
twitter@munakatamaki
facebook

<<< 前へ【田原総一郎×上祐史浩『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)】

次へ【書評(上祐史浩の著作)】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ