書籍・対談・取材
ひかりの輪の指導員の書籍/対談や講演/お受けした取材などをご紹介

スタッフの著作(またはご協力した著作)

『公安を敗北させた男』(小野義雄著)にご協力

 

2011年3月11日発売

 『公安を敗北させた男』(小野義雄著・産経新聞出版)に、本団体の宗形真紀子が、情報提供・取材のご協力をさせていただきました。
未解決のまま時効が 51PDxkKne4L._SL500_AA300_.jpg 成立した国松長官狙撃事件について、著者の小野義雄氏が、時効から一年経ち、新たな視点で実相を追求したノンフィクションとなっています。

 

  帯には以下のように書かれています。

「私が撃ちました」

「いえ、実は撃っていません」...変転した供述

捜査を撹乱、立件を妨げたk巡査長

彼は狙撃実行犯ではない。

本当の役割は何か、そして実行犯は誰か!

時効から一年、新たな視点で描く重大事件の実相

 
宗形は、当時のオウム真理教にいた立場として、オウムが過激化していった背景や、事件当時の状況や関係者の様子について、見たまま、知っていることをできるだけ詳しくお話させていただきました。

あとがきにおいて、小野氏より、以下のお言葉をいただきました。

  こうした、事件を風化させず真相を追求していくご活動に、元オウム信者という立場でご協力させていただけたことはたいへんありがたく、この場をお借りして深く御礼申し上げます。

 

(略)また、元オウム信者で、十七年間出家信者として
麻原や井上、早川らとともに活動した宗形真紀子さんは
快く取材に応じていただき、大変ありがたかった。

宗形さんの著書である
『二十歳からの20年間 オウムの青春の魔境を超えて』(三五館)

も参考にさせていただいた。

あつくお礼を申し上げたい。

<<< 前へ【『オウムを生きて』(青木由美子著)にご協力】

次へ【「これでいいのか政治と宗教」出演(広末晃敏)】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ