書籍・対談・取材
ひかりの輪の指導員の書籍/対談や講演/お受けした取材などをご紹介

対談・講演・出演等(広末晃敏)

「これでいいのか政治と宗教」出演(広末晃敏)

2009年7月31日

さる7月31日、ジャーナリスト有志等が主催する「これでいいのか政治と宗教」と題する公開イベントが、新宿で開かれました。

このイベントには、宗教団体「幸福の科学」や創価学会の元幹部、公明党の元国会議員とともに、「ひかりの輪」からは、副代表の広末晃敏がパネリストとして出演しました。


korede~1.JPG

イベントのテーマは、政治に進出する宗教の是非について論じるというものでしたが、広末副代表からは、20年前の衆議院議員選挙に出馬したオウム真理教(真理党)の動きについて、「ひかりの輪」の総括に基づいて報告がありました。

かつてのオウム真理教が、自らが支配する世界を創ろうという「誇大妄想」を抱いたあげく、選挙に敗北して「被害妄想」を強めていき、社会との対立の末に重大事件を引き起こしていった経緯について、映像資料等をまじえて解説しました。

kaijouhikari~1.JPG

このイベントのことは、最新号の『週刊新潮』(2009年8月13・20日夏季特大号)の169頁に、写真付で報じられました。

     syukanshin~1.JPG    syukanshin~2.JPG

   今後も「ひかりの輪」は、オウム時代の総括を深め、それを教訓として提示し、二度と同様の事件が起きない社会をつくるお手伝いをすることによって、過去への償いをしていきたいと考えています。

  皆さまのご理解・ご協力のほどをよろしくお願い申し上げます。

<<< 前へ【上祐史浩の対談・講演・出演等】

次へ【「幸福の科学」関連イベント出演(広末晃敏)】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ