QA 一覧
私と一般の方々との意見交換の中から、Q&A方式にしてご紹介します

Q&A 新団体について

新団体よりも、賠償が先決なのでは?

Q

ひとり立ちされるとの事ですが、多くの方の悲しみを考えると、新団体を作るのは自由ですが、傷つけた方々に、具体的に金銭面を含めた謝罪・賠償をしていく事が、先決だと思うんですが、その点どうお考えですか?

A

被害者遺族の方々への賠償については、以前ご説明したとおり、あまり知られていないもの、2000年から、既に一定額は行なって参りましたが、依然として、全体で40億ともされる賠償額には、相当に不足している状態です。



今後は、賠償のための資力を最大限確保して、全力を尽くしたいと思います。



また、私どもに関して、金銭面に関する謝罪・賠償よりも問題視されているのが、お金ではなく、精神的な面の謝罪、すなわち、本当に反省して賠償しているのか、教団組織の維持のためだけに賠償しているのか、という問題があります。



これについては、真剣な反省の土台となる、かつての教祖・宗教教義からの脱却が絶対に必要で、私たち新団体を設立しようという者は、この点に注力し、元教祖から脱却に努めて参りました。

その結果の新団体となります。



そして、今後、被害者遺族の方々の現状と苦しみをより深く理解することに努め、適切な形で、お詫びを繰り返していきたい、と考えております。



その中では、被害者遺族の方の中で、今の時点で、お会いすることができる方は多くはありませんが、出来る方には、お会いして、謝罪申し上げることを考えています。

<<< 前へ【被害者の方々への賠償は?】

次へ【Q&Aコーナー、アメブロに移行しました】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ