QA 一覧
私と一般の方々との意見交換の中から、Q&A方式にしてご紹介します

Q&A 社会

地球環境問題をどうお考えですか?

Q:現在、科学技術に伴って
さまざまな環境問題が出てきていますけれども、
そういった地球環境問題について、
どのようにお考えですか?
また、そういった問題は解決できるんでしょうか。
A


(上祐)そうですね。
物質主義、消費主義が、環境を圧迫していると思います。
だから、物質に対するとらわれが弱まれば、
自然と弱まるんじゃないかなと思います。

ただ、それと同時にね、
物質に対するとらわれを原因とした奪い合い、
これをもなくしていかなくてはならないと思います。

今地球は、
だいたい日本くらいの生活水準にすべての国々がなるとすると、
現在の地球の三倍くらいの容量が必要だと。
だからみんなが日本人みたいに消費を高めると、
今の地球ではパンクしてしまうんですね。

だから、たぶんその地球環境問題というのは、
結局、南北問題と密接に関わっていて、
今、温暖化防止の問題が非常によく議論されますけれど、
あのときに出てくるのが、
「先進国がこれだけ出しているのに、なんで途上国はもっと出せないんだ。
先進国がもっと減らして、途上国にパイを分け与えるべきではないか」
という話ですね。

◎価値観が変わらないと難しい

だから、人の心が消費を超え、
そういうもので争わなくて済む幸福を求める価値観が生まれないと、
難しいのではないかなと思います。
つまり、行き詰まってくる。

自分たちの生活水準を大きく切り下げてみんなで幸福に生きるよりは、
その他の人間を切り捨ててしまって、
自分たちが生き残る方を選ぶ可能性が出てくるんじゃないかと。

今の日本人、GNPが一%落ちるだけで大騒ぎですから、
途上国と分かち合うために、「三分の一にしてください」と言っても、
うまくいかないと思います。
政治家も、国民世論に左右されますから。

そうすると、自国民の意向を反映して、
対外的にだいぶ強行な人が出てくるんじゃないかな、と思うんだよね。

ブッシュ政権なども、最近変化はあるようですが、
当初は相当一国主義だったし、環境問題が切迫してくる中で、
ナショナリズム、国益中心か、
国際協調かという問題が出ていると思います。

今後は、世の中の流れとして、
そういった国のエゴというものがぶつかり合って、
なかなか環境問題の解決も進まない状態から、
それで行き詰まって、
それからようやく変わっていく流れになるのかなと思います。
今後に期待しています。

 


 

◎精神的なものが広がればいいが

(質問者)では、世界中の人たちが
物質にとらわれないで生活するようになれば、
地球環境問題はどんどん良くなっていくんでしょうか。

(上祐)それはそうだと思います。
しかし、「物は素晴らしい。消費は素晴らしい。」という欲求と、
「しかし、我慢して分かち合わないと地球は壊れてしまう」という、
その欲求を抑圧する意思が、双方ともある、という状態だけでは、
ある意味で、常に緊張した状態ではないかと思います。

そうではなくて、一番いいのは、
物を超えた--物は物として悪くはないのですが--
それを超えた精神的な喜びがあることに多くの人が気づいて、
みんなが、
「物質的な喜びが全てではなく、それよりも、こっちの方がいい」
と感じるようになるのが最高だと思います。

そうすると、緊張した状態が幾分かは解消に向かう、
と思います。

これが出てこないと、
本質的な問題解決にはならないなと思います。
抑圧されただけでは、どこかで爆発する可能性があるので。

つまり、
幸福に関する価値観・幸福感、これが変わっていかないと、
常にぎりぎりのパイの争いが続き、
状況次第によっては、競合する相手を排除する、
すなわち戦争に至る可能性があると思います。

だから、できるだけ早くより精神的な価値観が広がって、
その結果、自然とみんなが
過剰な消費・物質主義を超えていける心理状態になるのが
理想だと思います。

もちろん、現実はそれほどうまくいかないでしょう。
かなり痛い目に遭わないと、転換が難しいかもしれません。

しかし、長い目で見れば、
こういった価値観の転換の流れが出てくると思います。

<<< 前へ【世界の悪の根本原因は?】

次へ【Q&Aコーナー、アメブロに移行しました】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ