QA 一覧
私と一般の方々との意見交換の中から、Q&A方式にしてご紹介します

Q&A 社会

徳による政治とは?

Q:「資本主義と共産主義とどっちがいいとお思いですか?」という質問に対して、「徳による政治が一番だと思う」という回答だったと思います。徳による政治というのは、具体的にはどのようなものなのでしょうか?
A

 

資本主義であろうと共産主義であろうと、
指導する人たちに貪りがあれば、結局は、要するに人民を苦しめますよね。

徳による政治とは、その反対で、慈悲のある者による政治ということです。
結局、指導する人に慈悲があればうまくいくだろうと思います。

資本主義ではブルジョアの横暴があり、民主主義にならないということで、
真の民主主義を目指して共産主義が生まれましたが、
そこでは官僚が独裁して失敗しました。

そして今は、大勢として市場原理主義が強まり、貧富の差が拡大しても、
従来の資本主義に回帰する方がいいとされているように思います。

一方、チベットのダライ・ラマ法王は、「独裁者だ」と中国に批判されていますが、
国民は、中国の支配より今もダライ・ラマ法王の統治を願っていて、
彼を尊敬しています。
わたしも会ったことがありますが、愛のある素晴らしい人物です。

こうして、結局、体制の問題よりも人の問題が大きいように思います。
そして、革命というのは三分しか続かないといわれています。
つまり、やる前までは善意だけど、
権力を取ったらその人たちに貪りが出てしまい、
従来の体制同様、民衆は苦しみ始めるということです。

ですから、一人ひとりの精神性が向上しないことには、
世の中の政治体制の矛盾はなくならないのではないかと思います。

<<< 前へ【職場の悪口と中傷による人間関係のこじれに悩んでいます】

次へ【Q&Aコーナー、アメブロに移行しました】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ