QA 一覧
私と一般の方々との意見交換の中から、Q&A方式にしてご紹介します

Q&A 職場での悩み

仕事をやめて自分の道を歩きたいのですが

Q:初めまして。
わたしは年齢的にも自分でもやりたいことがございまして、
「仕事を辞めて自分のやるべきことをちょっと何年かやってみたいな」
と思っているのですが、なかなか職場の状況からしても、
今、わたしが退職できる状況じゃないんです。

もう何度も「仕事をやめたい」と
所長にお話ししているんですけれどね。
「わかりました」とは何度も言っていただいてるんですけれども、
「そういう方向で持っていってあげるから」
という言葉を一度も聞かないのです。

最初、入社するときに、
「取りあえず所長が会長職になるまでは頑張ってくれ」
と言われたことがあるので、
強く辞めたい意思を言えない弱さというものがあるんです。
もう勤め出して十五年以上経ってるんです。
それなので、実際どういうふうに自分で、心を決めていったらいいのかな、
というのがありまして、お伺いしたいと思います。
A


上祐
  一言で言うとですね、人は何かをなして後悔するよりも、
しないで後悔する方がずっと多いんですよね。
今の状況を聞くと、あなたが踏ん切るかどうかだと思うんです。
だから、わたしはしっかりとおやりになった方がいいと思いますよ。

質問者 自分の目的を達成するということで......。

上祐  自分の道を強い意志で歩いた方がいいと。
で、その過程で若干の人間関係における相手からのアプローチというか、
慰留というのはあると思うんですけれども、
問題はあなた自身だと思うんですよね。

つまりあなたが新しい道に行く方を取るか、
それともそこでいろいろと言われることの方を嫌がるか。

ここで一つだけはっきり言っておきたいのは、
本当は「周りの人のために自分はいなければいけないから、
自分の心・希望は捨てよう」というような感じではなくて、
周りの人にやいやい言われながら辞めるのと、
自分の目標をあきらめるのと、どっちを取るかという選択だと思うんだよね。

そこを錯覚して、挫折するときには、
「周りの人に迷惑をかけないように、自分はやめないようにしよう」と言うけれど、
客観的に見ると、人間というのは誰か穴が抜けると
誰かそれを埋め合わせる人が出てくるということもあるからね。
そうした変化が生じること自体は、組織にとって悪くはないと思うんですよね。

質問者 
はい。

上祐
  何もなくて安泰なよりは、いろいろ波があって、
そこで鍛えられていくものもあるでしょう。
だから、そう考えると、やっぱりあなた自身が
自分の目標のために強い意志を持って進むか、
それとも周りの人にいろいろ言われるのが嫌で挫折してしまうか、
この二つの選択なんだと考えてもらいたいと思うんですね。

そうすると、やはり自分が何かなして後悔するよりも、
なさなかったことによって後悔する方がずっと多い
という多くの人の経験、これを心に刻んでもらって力強く進む。
それが一番いいのではないでしょうか。

質問者 ありがとうございます。

上祐
  応援していますので、頑張ってください。

<<< 前へ【年齢の離れた上司・部下との対応は?】

次へ【Q&Aコーナー、アメブロに移行しました】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ