QA 一覧
私と一般の方々との意見交換の中から、Q&A方式にしてご紹介します

Q&A 対人関係

友だちをつくるには?

Q:僕は以前から見ず知らずの人と話したり、話しかけたりするのがすごく苦手で、なかなか友達ができづらいところがありました。

以前は友達とか欲しいとか思ってチャレンジしようとするんですけど、なかなかうまくいかず、それを繰り返していくうちに、だんだん考え方の傾向として「もう友達なんかなくてもいいや」という感じになってきて、だんだん自分の周りに壁を作って、だんだん一人を好むようになってきたんです。

でも最近、どうもこのままじゃいけないんじゃないかなと思い出して、どうにかしたいなと思うんですけれども、どうしたらその壁は取り除けるでしょうか。
A

やっぱりいろいろ他人に求めていると、他人とうまくいかなくなると思うんだ。
だから他人にいろんなことを期待していると、そのとおり他人が動かないとやっぱりショック受けると思うんだよね。

例えば、「友達になりたい」というのもわかるんだけど、あまり強く友達になりたいと思っていると、相手が自分の思ったとおり反応してくれないとショック受けるじゃない?

だから、どちらかというとあまり力を入れずに肩の力を抜いて、相手のことをできるだけ考えるようにして、付き合ってあげた方がいいんじゃないかと思うんだよね。
付き合うというか接するというか。

ちょっと難しい話だけど、「あまりとらわれると得られない」というのがあるんだ。
力が入り過ぎてしまって。

これ、恋愛でもそうですけれど、相手に愛著{あいじゃく}し続けて、愛著しすぎて、相手を自分の思いどおりにしようと思っていると、相手は苦しいよね。
だから逃げていく。

同じように、友達に関しても同じかな。
あまり自分で友達に期待せずに、こうしなきゃいけない、ああしなきゃいけないと思わずに相手のことを考えてあげる。
そういうふうにした方が、うまくいくかなと思うんだよね。

だから、「友達をつくりたい、つくりたい」とあまり思い込まずに、自然に接する。そうしたならばいいかなと思うね。

<<< 前へ【解散して一人一人が賠償してはどうか?】

次へ【Q&Aコーナー、アメブロに移行しました】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ