QA 一覧
私と一般の方々との意見交換の中から、Q&A方式にしてご紹介します

Q&A 人生の意味について

母も仕事も失ってしまいました……

Q:わたしは、母を癌で亡くしました......。
それより以前にある宗教の方から
「これを信仰すればすべてが元に戻り、そこから新しい活動が始まる」
と言われて信仰しましたが、結局、母は亡くなり、
生活母体の仕事までなくなりました。
A


◎苦しいときこそ逆転の発想を

大変つらい状況ですね。
しかし、仏教ではすべての苦しみの裏に喜びがあると説きます。
お母さんが亡くなられたことは、あなたが真に自立することを助けるでしょう。

人はいつか母親から自立しなければなりません。
そして、仕事がなくなったことは、
新しい仕事を得ることができるという意味でもあります。

人生の成功者は、苦しいときに必ず逆転の発想で考えます。
松下幸之助は、体が弱いから無理をせず他に頼むことを覚え、
学がないことを他から素直に学ぶことに役立てたと言います。

最多安打の張本選手は、右手をやけどしたので左腕投手になり、
投手として肩を壊したので打者に転向した結果生まれた名左打者です。
日本も戦争で領土を失ったからこそ、加工貿易に集中し経済大国になりました。

あなたの場合も、失ったからこそ、できることがあるはずですよ。
それをお母さんへの弔いとすれば、大変喜んでもらえると思います。

頑張りましょう。今こそ勝負の時、そして、飛躍の時です。
陰ながら応援しています。

<<< 前へ【周囲にトラブルが絶えません】

次へ【Q&Aコーナー、アメブロに移行しました】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ