QA 一覧
私と一般の方々との意見交換の中から、Q&A方式にしてご紹介します

Q&A 人生の意味について

自分の生き方の方向性がわからない

Q:葛藤することがすごく多くて、
自分の心の問題なんですが、
どうしても逃げてしまって、
ここぞというところで対面できず、
乗り越えられないんです。

すごく自分を守ってしまうというか。
それで少しずつでもそういう局面を乗り越えられるような
手段、訓練の方法があれば教えてください。

A


(上祐)  それは仏教では功徳といいますけど、
それを増大して、戒律をしっかり守っていくと、
そういった意志の力というのは増大してくるけどね。
こつこつそういう修行をやられるといいと思います。

ただね、あまり悩まない方がいいよ。
自分のことに関してあまり悩むと、それでエネルギーをロスしてしまって、
それでできることができなくなってしまうので、楽観的にいてください。

そして、なすべきことを淡々となす。
そうすれば、向上するのが早いですから。
もう少し肩の力を抜いて生きてもいいんじゃないかな、と思うんだよね。

(質問者)  もう一ついいですか。
その「生き方」なんですけれども、
自分の方向性が--煩悩はいっぱいあるんですよ。
煩悩と出合うたびにあれしたい、これ欲しいと思うんですが、
人生で何をしたいのか、何を目的としたいのかというと漠然としてしまって、
自分がわからない......。
泥にまみれている自分しか見えない。
楽観的になろうとすると、自暴自棄になってしまって、
うまくコントロールできないんです。


(上祐)  修行者のプロセスとしては、
そういった「わけがわからない迷路にはまった状態」というのは、
悪くはないと思うんだよね。
一種、苦しみ、行き詰まりを感じている状態だから。

あなたのような場合は多分、
自分のためにあまり生きない方がいいんじゃないかなと思いますけどね。
他のために生きるということを考え始めたときに、
一つ突破口があるかなと思います。

<<< 前へ【幸せとは一体どのような状態か】

次へ【Q&Aコーナー、アメブロに移行しました】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ