QA 一覧
私と一般の方々との意見交換の中から、Q&A方式にしてご紹介します

Q&A 心の悩み

現実の生活に意義が見いだせない

Q:僕は今、現実から逃げた生活をしています。
身よりもなく、
ただ働いているだけの自分に何も意義が感じられず、
仕事もやめ、今日で四日目になります。

その間に自殺も考え、本屋に行ったり、
インターネットで自殺に関する情報を見ましたが、
どれも参考にはならず、だだ生きています。
何か自分の言葉を伝えたくてそして精神世界に行きたくて。

一体、僕のような人間はこの世にいるのだろうか?
そしているとしたら!
どこに行けば安楽場所を見つけられるだろうか?
教えてください。

A



こういったご相談は、良く受けることがあります。
あなたのような人は、今、
だいぶ多くなっているのではないか、と思います。

自分は、あなたのような人が悪いとは思いません。

というのは、ある一面において、
あなたは、今のの社会が示している価値観、つまり、
個人主義、競争主義、消費主義、金銭主義、物質主義といったものに、
あまりなじめないのではないかと思います。
だから、それに充足感が感じられない。

これは、おかしいことではないし、場合によっては、
あなたの精神性が高いことを示している可能性もあるのです。

そして、その結果として、
精神世界の何かのオアシスを求めることも間違っていない、
と思いますし、例えば、仏教的な叡智などは、
それを正しく学べば、あなたの感じている、
空しさ、行き詰まりに対して、
すばらしい突破口を与えてくれると私は確信します。

ですから、是非それを学ぶことをおすすめします。

ただし、一つ気をつけなければならないことは、
現実世界から逃げて、
精神世界、霊的世界に逃げ込んでしまってはだめだと思います。

私がかつて所属したオウム真理教の中にも、そういった人がいました。
それは精神世界の一部の傾向だと思います。

正しい宗教的・精神的な実践の果実は、
この世界から逃げるのではなく、
この世界に対する感謝と奉仕に結びつくものだと思います。

この点は良く注意して、教えを学んでください。

<<< 前へ【やせるにはどうしたらいい?】

次へ【Q&Aコーナー、アメブロに移行しました】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ