QA 一覧
私と一般の方々との意見交換の中から、Q&A方式にしてご紹介します

Q&A 心の悩み

自殺未遂をしてしまいました

Q:わたしは、「宗教」を真剣には信じていません。「宗教の教え」とは、現実世界での「つじつまのあう生き方」を人に知らしめるための手段として、活用される道具と認識してきました。今もそうです。その程度の人間ですが、今現在、非常に苦しんでいます。

昨夜、首吊り自殺を図りました。押し入れの天板を外し、鉄骨にロープを掛け、首を吊るべく足を浮かせたのですが、ほどなく暗闇で上下左右不明な宙にもがいている自分を発見し、気付いてみれば押し入れの上段に足を着けて、首のロープを必死に緩めようとしていました。

なぜ、自殺を企てたのか。理由は貴HPのQ&Aコーナー内の「現実の生活に意義が見いだせない」(一九七ページ)、この方と似たような心境に陥ったことでした。 「生き続ける意味」を見失いました。……希望を失い、さりとて新たな「目標」を立てる気力、魅力もなく虚しさだけが漂い、「生きていても意味がない」という思考に心が占拠され実行したのです。

甘いことはわかっています。無責任なようで恐縮ですが、何かお導きの言葉をいただくか、御相談に乗っていただける人物を紹介願えないでしょうか。今のままですと、再度挑戦、今度はもがいても足が着かないように工夫した手段を講じて、完遂を果たすしか考えが及びません。
A


大変そうですね。
しかし、ダルマに巡り合えば、その苦しみは必ず喜びに変わります。
そのための産みの苦しみだったことがわかります。
生きていく本当の意味がわかります。

自殺寸前までいったあなたは、それがゆえに、
そのことに気づくのも早いでしょう。
わたしの友人にも、あなたのように極限の苦しみから、
それを逆に原動力にして立ち直り、幸福になった人が大勢います。

<<< 前へ【自殺を考えてしまいます】

次へ【Q&Aコーナー、アメブロに移行しました】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ