QA 一覧
私と一般の方々との意見交換の中から、Q&A方式にしてご紹介します

Q&A 心の悩み

対人恐怖症はどうすればいい?

Q:わたしの友人は二十六歳の女性で、対人恐怖症で悩んでいます。
昔はそんなことはなかったのですが、
電車に乗るのがとても嫌で、仕事にも行けなくなりました。
だれか知人と外に出るのはまだ平気なのですが、
一人で外出することは不安なようです。
カウンセリングに行っているようなのですが。
彼女の日常生活の中で、どのような生き方をすることによって
現在の精神状態が改善されてくるのか、教えていただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
A


多くの場合は、自分がよく見られたい
という気持ちが強すぎると起こるのではないかと思います。

実際にこれを直していくとなると、
ケース・バイ・ケースのアプローチが必要だし、
特に何らかのきっかけ、変化が必要でしょうね。

わたしの友人のなかには、
修行を始めるまでは対人恐怖症だったのが、
始めたら、知らぬうちに治ってしまったという人が大勢います。

それは、修行が、いろいろな物事に対する
とらわれを弱めるところがあり、
また、修行仲間が同じような心の持ち方で
お互いに接するからだと思います。

ただ、そのように苦しんでいる人は、
何か道を求めているのだが、その道が見つからず苦しんでいる
という側面があるように思います。
その人が道を見つけるための産みの苦しみのようなものです。

ですから、長い目で見ると、
対人恐怖症が後ろ向きな現象でもないということですね。
例えば、偉人の中にも、対人恐怖症の経験者がいます。

ここまでは一般論ですが、実際、どのようにしたら
その人にとって一番良いかとか、
あなたがどのようにしたらその人を助けられるか
という具体的な話になると、
ケース・バイ・ケースで対応しなくてはなりません。
だから、もう少しあなた自身とあなたの友人のことを教えていただけませんか。
できる範囲で結構です。

<<< 前へ【嫌悪の増大する相手にどうしたらいい?】

次へ【Q&Aコーナー、アメブロに移行しました】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ