2010年までの日記

幸福の手段(方便)としての信仰2
(2010年10月01日)

(2010年09月30日の日記)


幸福の手段(方便)としての信仰2
信仰に逆支配されないために

前回、自分や他人が幸福になるための方便(手段)として信仰というお話をしました。

まず、信仰の本質を考えるために、信じていることと、知っていることを対比させて考えるならば、信じていることは、誰もが認める客観的な事実ではないから、冷静に考えれば、正しい可能性と正しくない可能性があって、そのため、何かを信じるとは、それを正しいと思いたいという心理が働いているということでした。

そして、信仰の対象を絶対真理と考えるのではなく、正しい可能性と正しくない可能性の双方を意識して、それが自分と他人を幸福にするための手段となる場合には、それが正しい可能性を使って(それを信じるようにし)、望ましくない場合は、それが正しくない可能性を使えばどうか、ということでした。

今回は、これに関連して、宗教・信仰に人が逆支配される現象と、その背景を考えてみたいと思います。

まず、誰もが認める客観的な事実が無く、何かを信じるということは、必ず、それを信じる人と、信じない人が出てきます。よって、人類の歴史で、どんな大きな宗教でさえ、その信者と非信者が存在します。

例えば、キリスト教が世界最大の宗教だとして、その信仰の中核と言われるのは、イエスが復活したことを信じるかどうか(信じる者がキリスト教徒)だと思いますが、世界人類全体から見れば、これは誰もが認める客観的な事実ではないために、キリスト教徒とそうではない人達がいます。

仮に、イエスが、全ての人類の前で、毎日のように、死と復活を含めた様々な奇跡を見せ続ければ、ほとんどの人はキリスト教徒になると思います(その場合は、信仰というより、イエスの奇跡現象が、宇宙の普遍的な(科学的な)真実の一部として認められる)。

よって、信じる人がいれば、必ず信じない人が出ます。そして、ここで問題なのは、信じる人と、信じない人の間で、場合によっては激しい対立が生じることです。そして、それが、21世紀の人類を危うくさせている事実です。

何故そうなるかというと、信じる人は、信じることを絶対的に正しいことと錯覚するからです。そもそもが、信じることは、誰もが認める客観的な事実ではなく、知っていることは違うにもかかわらず、それを信じてしまうと、あたかも知っているかのように錯覚する。そして、多くの場合、信じることが出来る自分は、信じることが出来ない人達より優れているという錯覚が生じます。

本来は、信じない人がいるのは、宗教の信仰というものが、そもそもは、誰もが認める客観的な事実ではないからに過ぎず、信じない人が、信じる人よりも劣っているからではありません。

しかし、非常に多くの場合、信じる人は、信じない人よりも自分は優れていると強く思います。そして、信じない人を悪業をなしている人だ、地獄に堕ちるなど、と決めつけ、自分が気づかないうちに、実は、無智・傲慢になっていくのです。

それと同時に、自分にも苦しみが生じます。それは、本来は自分の幸福のためであった信仰に、自分が逆支配されると言ってもよいかもしれません。例えば、場合によっては、自分達の信仰を否定する勢力とは(そうしたくないのに)戦わなければならないという状態に追い込まれる。

また、自分が、その信仰に反していると思うと、非常に不安になる。さらに、相当に疑問を抱いても、やめた場合の恐怖があるため、なかなかやめることが出来ない。それまで自分が、信じない人達を否定してきたことが、自分に返ってきて、やはりやめることは悪業になるのではないか、地獄に堕ちるのではないかという恐怖・不安として出てくる。

その結果、自分が幸福になると思ったから、信仰したにもかかわらず、客観的に見ると、信仰によって、逆に不幸・不自由を感じる一面が出てきます。

さて、宗教に関する自由と言えば、17世紀の市民革命以来、確立した基本的な人権の概念として、(自分の好きな宗教)を信じる自由と(自分が好きでない宗教を)信じない自由を「信仰の自由」と言います。ただ、これは自分と他人の関係の中での信仰の自由です。

しかし、今までお話ししてきたことを考えると、これだけでは、真の信仰の自由を得たとは言えないと思います。そのためいは、自分自身の中における信仰の自由が必要です。すなわち、自他の幸福の手段として、自分の関わる信仰を自在に使える柔軟な智恵があってこそ、真の信仰の自由を得たということができると思うのです。

<<< 前へ【幸福の手段(方便)としての信仰1】

次へ【幸福の手段(方便)としての信仰4】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ